タイトル
人気アプリ「Zenly(ゼンリー」を徹底解説!~中編~

■Zenlyの使い方■■
前編ではZenlyの初期の初期(インストール、初期設定、退会の方法…)をご紹介しました。今回の中編ではZenlyの基本的な使い方について見ていきます。

まずはメイン画面となる「自分の現在地と周辺地図」。丸が自分自身で、向いている方角に合わせて三角形のコンパスが動きます。
地図の拡大・縮小ももちろん可能で、縮小図は世界地図まで表示できてしまいます。レアケースだとは思いますが海外にも友達がいて、その人もZenlyを使っていれば、北米だろうが欧州だろうが、東南アジアだろうが簡単に今どこにいるのかが分かってしまうのです。
逆に拡大すると、いわゆる「徒歩1分圏内」まで表示することができます。具体的にどこへ集まればいいのかが分かるので便利ですね。待ち合わせ場所をめぐって認識のズレも埋まりやすくなるでしょう。

続いては「チャット」。メインの地図画面で4つあるボタンのうち、吹き出しのアイコンをタップすると呼び出すことができます。

友達を追加していない状態で初めてこの機能を使うときは自動的に「友だちを追加する」画面に遷移しますので、そこから友達を登録していきましょう。このチャット機能は「自分と友達だけが使うことができる」もので、要は悪い意味で気になる人がいても友達登録をしていなければ、チャットの内容を見られることも何か書き込まれることもありません。安心して使っていきましょう。ここでも注意したいのは前編でもお知らせしていますが、「LINEのみ登録している友達は追加できない」こと。重要度の高い連絡先を共有している友達のみをチャットに招待できるので、むしろ安心なんです。
そして、Zenly上に招待したことを知らせる手段として「メール」や「LINE」、「Twitter」、「SMS」がありますが、これらのSNSを代わりにして登録はできないのでご注意を。招待された友達がZenlyをインストールしていない場合、先述した連絡先へ自動的にインストール先のリンクが貼られます。友達にZenlyを広めるのは意外と簡単だったりします。

最後に「設定」。「プロフィール」から歯車のアイコンをタップすると入ることができます。ここで行えることは「プロフィールの設定・変更」、「通知や地図オプションの選択」、「概要で確認」の主に三つ。自分らしくカスタマイズしてZenlyをより便利に使いやすくしましょう。

「プロフィール」ではZenlyで使う写真・氏名・生年月日の変更、友達リストの管理やブロックリストの管理ができます。氏名や生年月日などは初期設定で万が一間違えてしまったとしても、ここで修正や変更が行えます。リスト関係を備えているのは親切ですね。

「お好みの設定」では、主に地図に関する設定ができます。地図自体の表示をGoogleマップかmapboxにする機能、表示のデザインをシンプルなZenly、森や水などを反映させたスタンダード、細かい場所などが分かりやすい衛星写真から選べます。距離を示す単位もキロとマイルから選べますが、知識がある人でないと便利さを体感できにくいのが難点でしょう。またウィンタースポーツが好きな人にとって嬉しいのは、日本全国のスキー場を表示できる「スキー・スロープ表示機能」の存在。今はまだ手で数えるくらいしか登録はされていませんが、Zenlyが進化していくにつれて登録件数も増えるはずです。最後の「プライバシー設定」は後編で説明するので割愛しますが、重宝することは間違いありません。

最後の「概要」は、トラブルシューティングや使い方についてのガイドをまとめた「よくある質問」、使いこなせると便利な機能の使い方をまとめている「おすすめ機能」、カスタマーセンターへの質問やアカウントの削除などが行える「お問い合わせ」、プライバシーの保護やそのカスタマイズ方法について触れている「個人データの保護について」、初期設定でも読むことができる「利用規約」と「プライバシー・ポリシー」、最後の「ライセンス」だけ何故か翻訳されていない英文しか出ないので読みたい人だけ…という具合です。

■アイコンの見方■■
Zenlyには様々なアイコンが存在します。ここでは覚えておいて損のない代表的なものをご紹介します。

まずは「家」マーク。これは「友達が自分の家にいること」を現しています。家マークはZenlyを初めて起動から数日すると自動的(=勝手?)に表示されるので、実は「一番プライバシーが割られやすいマーク」でもあるわけです。もちろん仲が良く、お互いに信頼できる友達であればその人の「聖域」に足を踏み入れることはないでしょうが、リスクは少なからずあるということを理解しておきましょう。

このほか「学校マーク」「会社マーク」も家マーク同様、プライバシーが割られやすいマークであるということが言えます。ご利用の際は十分に気をつけて。

一方「空港マーク」は比較的安全な場所を示す(プライバシー的に)マークと言えます。よほどの出張でもない限りはつかないマークなので、目につく機会もあまりないと思われます。

最後に「炎マーク」。火事…ではなく、友達のアイコンと一緒にこのマークが表示されていたら、「そこが集合場所or待ち合わせ場所で、友達がもう集まっている」ということを意味します。しかしながら「みんなが集まっているのがバレる確率が上がってしまう」というのは否定できないので、保険の意味も込めて一斉に位置情報を「フリーズ」するのが有効です。これについては後編でご紹介します。

以上、ここまでZenlyの基本的な使い方から設定、マークの見方についてご紹介いたしました。最後となる後編では、より便利に使うための機能について説明していきます。