女優どんぐりの昔は?ドラマ情報や子供や旦那がいるのか?経歴を調べてみた

大ヒット映画「カメラを止めるな!」で強烈なインパクトを残し、今やドラマや映画で引っ張りだこの女優「どんぐり」さん。連続ドラマ「ルパンの娘」にも出演して活躍中ですね。

独特の顔立ちと、小さな身体に、大阪弁で一度見たら忘れられない、そんな印象を与える女優どんぐりさんの情報をまとめてみました。



女優どんぐりの経歴まとめ!昔の職業は何?旦那や子供はいるのか?

女優どんぐりの経歴は?名前の由来は?証券会社・裁判所に勤めるOLだった!

遅咲きのシンデレラと言われているどんぐりさんは、インタビューで「あきらめずに自分探しを続けていたら、運が巡ってきたんです」と語っています。

女優業をする前は、普通の会社員だったようです。さて、気になる結婚歴ですが、長い間、実家暮らしだったようですので、結婚はされてなく、子どももいないようです。

さて、気になる経歴ですが、どんぐりさんはいろいろなインタビューを受けて、経歴について詳しく話をしています。

20歳で短大を卒業され、証券会社に就職し働きますが、33歳で証券会社を退職します。当時から、思い立ったら即行動する人、行動派だったようです。証券会社で昼夜問わず働いていた時に、「自分の時間が欲しい」と思い切って退職をされたそうです。

もっと自分に合う仕事があるのではと、派遣社員に働き方を変え、フラワーアレンジメントなど数々の習い事に通っていきました。しかし、仕事にはつながらない日々だったそうです。

次の転機は、裁判所の臨時事務官という仕事をしていた時。

自分の話が相手に通じていないと感じて、話し方教室に通い出します。そこで受けた落語の授業が面白くて、今度は落語教室へ通い出します。表現する楽しさに引き込まれていったが、趣味で終わり、50歳という年齢を迎えます。


女優どんぐり、吉本NSCに50歳で入学!「人生50年、やりたいことをやろう」

この投稿をInstagramで見る

 

どんぐりDonguri yoshiko takehara(@donguri.lucky)がシェアした投稿

50歳で吉本NSCへ入門するきっかけになったのは、織田信長だったようです。人間50年と言いながら舞う大河ドラマのワンシーンを思い出し、50歳になった時、「自分が信長やったらもう死んでるやん!残りの人生、本当にやりたいことをやろう」と仕事を辞めたそうです。

そして、20代の頃にあこがれていた吉本NSCの門をたたき、「笑い」を勉強します。

どんぐりさんは実は21歳の時にもNSCに入ろうとしたことがあったそうです。ちょうど大阪校1期生を募集していて、応募しようとしたが、周囲の反対があって会社を辞められずに断念したようです。そのこともあって、「やりたいことをやろう」という思いににつながったのでしょうね。

卒業後は、ピン芸人として活動したが、売れなかったようです。

この投稿をInstagramで見る

 

どんぐりDonguri yoshiko takehara(@donguri.lucky)がシェアした投稿




女優どんぐり 「カメラは止めるな!」に57歳で出演し、ブレイク!

売れない日々を過ごしていたどんぐりさんがブレイクするきっかけは、もちろん上田監督の「カメラは止めるな!」です。57歳で「カメラは止めるな!」のオーディションに応募して、見事合格!

オーディション時点で、実は劇団座間でのの役しかやったことがなくて、こうなったら思いっきりを披露してみせたそうです。そのブレーキのない、底抜けに明るいところを上田監督が気に入り、見事合格したそうです。

カメラは止めるな!では、出番は少なめでしたが、映画を観た人から上田監督は「インパクトがすごかった」「どこから連れて来たんだ」とよく言われたそうです。

映画を観た西川貴教さんからは、「週刊ヤングマガジンぐらいにしか出てこないキャラ」、清水ミチコは「AIだと思った」と感想を述べています。

そして、映画祭でレッドカーペットを歩いたどんぐりさん。その後、仕事のオファーも増えてきたそうです。

どんぐりさんは、以前は竹原芳子という芸名で活動していました。しかし、女優業に専念するためによしもとクリエてぃぶ・エージェンシーから映画24区という事務所に移籍します。

事務所を移したことをきっかけに、どんぐりという芸名に変更しています。名前の由来は、子どもからお年寄りにも覚えてもらえる名前にとのことで、「どんぐり」になったそうです。映画24区は2020年9月12日に契約満了にて退所され、今は個人の事務所で仕事を受けているようです。


女優どんぐりの昔・若い頃が気になる!写真をまとめてみた

どんぐりさんの若い頃はどんな顔だったのか気になりますよね。若い頃の写真をまとめてみました。若い頃はふっくらとした方だったのかなと思います。チャームポイントの目じりのしわがまだ出てない感じです。

この投稿をInstagramで見る

 

どんぐりDonguri yoshiko takehara(@donguri.lucky)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

どんぐりDonguri yoshiko takehara(@donguri.lucky)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

どんぐりDonguri yoshiko takehara(@donguri.lucky)がシェアした投稿

女優どんぐりの若い頃

ー2010年7月14日 千鳥のぼっけぇTVーより

赤ちゃんの頃から、若い頃の写真がでてきました。後ろの2つの写真は、どちらも芸人として活動している頃の写真です。


女優どんぐりは病気?激やせ?性格は明るい?ドラマ出演情報のまとめ

女優どんぐりの病気・激やせ情報はデマ!

女優どんぐりさんが病気だとか、激やせという情報を目にする方も多いと思いますが、インスタを見る限り、とても元気に活動されています。激やせは、少し細いですが、病気ではないと思われ、これらの情報はデマだと思います。

インスタを見るととても明るい楽しい方のようです。吉本NSC出身ですし、おもしろいことが大好きな方のようです。

そんなおもしろいどんぐりさんのインスタを集めてみました!オーディションで披露したもこんな感じだと思います。

この投稿をInstagramで見る

 

どんぐりDonguri yoshiko takehara(@donguri.lucky)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

どんぐりDonguri yoshiko takehara(@donguri.lucky)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

どんぐりDonguri yoshiko takehara(@donguri.lucky)がシェアした投稿




女優どんぐりのドラマ・映画の出演情報まとめ

2019年の深田恭子出演のドラマ「ルパンの娘」に、三雲マツ役で出演されたどんぐりさんですが、続編・第2シリーズがが2020年10月15日から放送されています。今回も出演されています。

最近はバラエティ番組にもよくでいて、活躍されています。

映画出演

カメラは止めるな! 2018年6月23日公開 上田慎一郎監督 笹原芳子役

クレイジアイランド 奈緒美の愛と青春と狂気の暴走ロード 2019年 辻凪子・阪元裕吾監督 島の長老 金さん役

かぐや姫は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 2019年 河合勇人監督 使用人役

最高の人生の見つけ方 2019年 犬童一心監督 患者役

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー 2019年 平山秀幸監督

ドラマ出演
リーガルV~元弁護士・小島遊翔子~第8話 2018年12月 丸山珠美役
深夜のダメ恋図鑑 最終夜 2018年12月 掃除のおばちゃん役
執事 西園寺の名推理2 第2話 2019年 大葉雅代役
ルパンの娘 第1シリーズ 2019年7月
      第2シリーズ 2020年10月
時空探偵おゆう 大江戸科学捜査 第3話 2019年
美食探偵 明智五郎 特別編第二夜 2020年 桐谷重子役
探偵・由利麟太郎 2020年 波田聡美役


女優どんぐりのまとめ

さて、女優どんぐりさんについて書いていきましたが、ポイントをまとめていきたいと思います。

  • 女優どんぐりは若い頃は証券会社や裁判所で働くOLだった。
  • 長い間実家暮らしで、独身。
  • 50歳で吉本NSCへ入学。57歳でカメラは止めるな!出演しブレイク。
  • オーディションでは上田監督にを披露し、気に入られて合格した。
  • 芸名を竹原芳子から、どんぐりへ変更。理由は子どもからお年寄りにも知ってもらえる名前に。