23年ぶりの新刊!ドラえもん0巻発売。目次と内容は?愛蔵版発売も発表!

国民的アニメ漫画「ドラえもん」の約23年ぶりの新刊『ドラえもん0巻』が11月27日に発売されました。

ドラえもん連載初期にそれぞれの学年誌に収録された6種類の第一話を全て収めた内容になっています。

誕生50周年を迎え、担当編集の徳山雅紀さんの「こういうものがあったら自分含めてファンは嬉しいだろうな」という思いから企画がスタートしました。

東京都内の店舗では完売になる店舗もあり発売前に二度の重版、発売即日に更なる重版がかかるなど話題になっています。

今回は気になるドラえもん0巻の目次や内容を調査しました。



ドラえもん0巻の目次

ドラえもん0巻の目次は以下のようになっています。

◇各学年紙に収録された第一話

◯ドラえもんあげる よいこ
◯ドラえもんがやってきた 幼稚園
◯ドラえもん登場! 小学1年生
◯未来から来たドラえもん 小学二年生
◯机から飛び出したドラえもん 小学三年生
◯未来の国からはるばると 小学四年生

◇その他コミックスなどに使用された1話など

◯愛妻ジャイ子!? ※てんとう虫コミックス第一話
◯ハイキングに出かけよう※てんとう虫コミックス第1話に一部使用
◯新連載の予告
◯ドラえもんの誕生
◯解説:各話解説「ドラえもん誕生」の背景
◯ドラえもん全45巻収録作品一覧

第一話は完全カラーでなるべく雑誌掲載当時のままの状態での収録となっています。

雑誌毎に第一話の内容対象読者に合わせて描き分けているなんてすごいですよね!


ドラえもん0巻の内容

ドラえもん0巻には1970年に連載スタートをした「よいこ」「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」「小学四年生」の6つの雑誌に掲載された第一話が収録。

それぞれ雑誌の対象読者に向けて描き分けられており微妙に内容が違います。

また、設定が少しずつ固まってきたことを窺わせるような内容も見られ、

よいこ、幼稚園版入稿が早かったためかドラえもんがひみつ道具を出さずにのび太を助け、その後に入稿された話だとひみつ道具を使用しているなどの違いが生まれていました。

また、尻尾の色が今の赤とは異なり青い、あしの色が肉球のようなピンク色だったなど、細かい違いが見て取れ楽しめる内容になっています。

てんとう虫コミックスのドラえもん一巻には「小学四年生」版の第一話に修正・加筆を加えたものが収録されているのですでにコミックスを所持している方も楽しめる内容と言えますね。

他にも連載開始前に掲載された連載開始の予告ページ、藤子・F・不二雄さんによるドキュメンタリー漫画「ドラえもん誕生」、連載当時の背景を解説する記事ページなどが収録されています。

特に予告ページは締め切りギリギリまでタイトルも主人公も決まってなかったこともあり、机の引き出しから吹き出しのみで出た!の文字のみだったなど当時の様子が窺えるものでした。

担当編集の徳山雅紀さんは発売後以下のようにコメントをしました。

発売と同時に、皆様から大きな反響が伝わってきて我々も感動しています。予想以上の反響で、手に入れづらい方もいらっしゃるようですが、必ずお届けできるよう対応していますので、楽しみにお待ちください。「ドラえもん」久々の新刊ということで手に取られた方も多いと思いますが、特別収録の“創作秘話”「ドラえもん誕生」では、当時、藤子・F・不二雄先生がいかにして、ゼロから作品を生み出されたかが描かれています。そのもがくような苦労と喜びを、ぐっと身近に感じてもらえたらうれしいです!


ドラえもん1〜45巻豪華愛蔵セット発売決定

今回の0巻の発売を受け既刊の1〜45巻の重版も決定したそうです。

また、コミックス全45巻の豪華愛蔵版セット「100年ドラえもん」が2020年に発売されると発表されました。

このセットは「22世紀、100年後の未来まで『ドラえもん』のコミックスを届けたい」がコンセプトで、「『ドラえもん』史上いまだかつてないほどの豪華装丁、驚きの特典、至高のコンセプトでお届けする企画」と発表されています。

詳細は2020年1月以降順次発表とのことです。

まとめ

ドラえもんの23年ぶりの新刊ドラえもん0巻が発売されましたね。

連載開始時の幻の第一話を楽しめる嬉しい内容となっています。

ドラえもんが誕生するまでの背景なども楽しめるドラえもん好きにはたまらない内容です。

誕生から50周年ということもあり、すでに発表されている愛蔵版セットなども含め2019年、2020年はドラえもんにとって特別な年になりそうです。

続報に注目ですね。