副業FXトレーダーはなぜ専業にならないなのか?MAYUさんインタビュー

FXで年間1000万円を稼いでいるMAYUさん。MAYUさんはフルタイムでお仕事をしています。なぜ専業にならないのか?疑問に思ったので、今回は気になるそんなところを聞いてみました。



FXの専業トレーダーにはならないのか?聞いてみました

お姉さんお姉さん

MAYUさんは年間で1000万円も稼いでいるので、専業トレーダーになったらいいのではないですか?

MAYUさん

FXで1000万円の収入があっても、仕事を辞めると、社会的信用はゼロになります。世の中からは無職というレッテルを張られてしまいますよね。女性だから専業主婦になればいいのかもしれませんが、十数年会社勤めをしてます。それなりに責任のある仕事をさせてもらっているので、専業主婦になるのは実はすごく抵抗が強いんです。

そして、FXをやっていて、負けが続くとメンタルがきつくなってきます。暗黒の闇をさまよっているような気分になります。今は仕事が逆によい気分転換になってます。仕事をしている時は、仕事に向き合ってますので、暗闇を引きずることなく過ごすことができ、ある意味冷静を保てています。

今は日足でトレードしていますが、専業になって、ゆとりのある時間が出来てしまうと、きっと私はスキャルなどに手を出していきそうです。

負けが続くと、きっと普通の精神状態は保てないと思います。今の本業の傍らにやっているFXだからこそ、日中ポジションを気にせずに過ごすこともでき、本業の収入があるからこそ、少しの負けも気にせずにいられると思います。

そして、子どものためにも働いている母親の姿を見せておきたいです。トレード漬けの母親像を植え付けたくありません。

お姉さんお姉さん

なんだか奥深い話を聞くことが出来ましたね。専業になったら時間も取れて、もっと儲かるのかと思いましたが、そう簡単にはうまくいかない感じなんですね。

MAYUさん

また、正社員なので辞めることは簡単ではないです。会社を辞めるには、いろいろな手続きが必要となってきますよね。まずは辞める理由を決めなくてはいけない。「FXやります」なんて正直に言えるわけがない。送別会、各種挨拶など、仕事を辞めることもエネルギーを使う、辞め時が分からないのも理由かもしれません。

仕事もそこそこ出来るようになって、安定した収入を得ている中、FXの収入だけの世界に入る勇気が持てません。

それに一番は、社会的交流が少なくなることかな。社会人として働いていると、人に必要とされ、自分の自己肯定感が高まってきます。でも、会社を辞めると家族だけの自分になってしまいます。きっと会社を辞めると私は孤独になります。

お姉さんお姉さん

こういう理由で、MAYUさんはFXトレーダーをしながら、会社員を続けているんですね。勝手に専業にならないんですかって言ってすみませんでした。