MAYUさんFXトレード講座・第2回目 トレードの決済について

さて、MAYUさんのFX講座が好評だったので、第2回目を開催いたします。今回は、MAYUさんが決済について詳しく説明をしてくれます。浅め利食いがなおらない人は、ぜひ参考にしてみてください。

FXトレード 決済のポイント

さて、今日はFXトレードでの「決済」について、書いてみたいと思います。 下の図を見てください。

売りエントリーしています。

さて、自分が売りエントリーしている気分で見てみてください。

決済1の場面ですが、ポジションが500pipsに伸びてきました。 みなさん、どうしますか?

500pipsは10万通貨で約50万円の儲けになりますね。50万通貨だと約250万円です。携帯のポジション画面に250万円の金額が出ています、今ここでポチっとボタンを押すと、この250万円が自分の物になるんです。押したい心理が働きますよね。大きな金額を扱うようになると、pips数ではなく、金額に目がいくようになります。そして、冷静な判断がなくなってしまうのが、FXの世界だと思います。

この後、レートはさらに下がっていきます。皆さんはどこのタイミングで決済できるでしょうか?分からない方は、決済のタイミングはどこが一番良いのか考えてみましょう。

一番儲けが出るのは、もちろん決済3の800pipsです、このタイミングでしっかり決済するのはリアルトレードしていると、そう上手くはいきません。

私は決済4のところで決済をしています。 もちろん800pipsとれません。200pipsも取り損なってます。 でも、決済4なら、完全に売りトレードは終了したと判断できます。 しかもダブルボトムまで形成してくれてます。 決済1では早く決済しすぎて、次の流れを取れずに終わってしまいます。

あまり大きく勝った経験がないと、決済1、決済2あたりで今回は大きく取れたと満足する人もいると思いますしかし、そんなことを繰り返していると大きなチャンスを逃してしまいます。

FXで勝つためには浅め決済をなくそう!

浅めの決済1,2あたりを繰り返していると、値ごろ感から、早めに決済してしまう習慣がついてしまうのです。

勝てなかった時の私はいつもこれでした。 エントリーはするのに、300pips以上が取れなくて苦労しました。

一度決済しても、再エントリーすればいいじゃないかと思いますよね。 でも自分の中では落ちるに落ちたところにある場面で、さらに売りで再エントリーする勇気はなかなか持てません。

大きな建て玉が出来なかったりで、微益で終わることになります。 そして、1000pips動いた相場をじっと眺めているしか出来なかった…。こんな経験を何度もしています。

年に1,2回は1000pips超えの相場が必ずやってきます。 その時に、あなたは300pipsという小さな決済で満足してしまったために、ビックチャンスを取り損なうのです。

スイングトレードをする上では、明らかに売りが終わったと分かる場面までポジションを保有し続ける勇気を持ちましょう。 それが、最終的に、年間を通して勝てる近道なのです。