いきなり!ステーキ閉店する店はどの店舗?対象44店の閉店日程一覧を調査!

ステーキ専門店「いきなり!ステーキ」が2019年〜2020年の年末年始にかけて大量閉店することが発表されました。

判明済みの閉店する店舗は2019年12月28日時点で38店舗となっています。

気になる閉店する店舗と閉店日程、閉店理由について今回は調べてみました。



どの店舗が閉店するの?対象店舗一覧

北海道地方 2店舗

・北海道 
苫小牧店(北海道苫小牧市) 
 イオン釧路店(北海道釧路郡)

東北地方 5店舗

・山形県
米沢万世町店(山形県米沢市)
 山形東根店(山形県東根市)
 山形江俣店(山形県山形市)
・秋田県
 秋田横手店(秋田県横手市)
・岩手県
 フレスポ―関店(岩手県一関市)



関東・甲信越地方 20店舗

・東京都
虎ノ門店(東京都港区)
 銀座6丁目店(東京都中央区)
 国立店(東京都国立市)
 新橋店(東京都港区)
・神奈川県
 横浜元町店(神奈川県横浜市)
 足柄店(神奈川県足柄上郡)
 鶴ヶ峰店(神奈川県横浜市)
・千葉県
 我孫子店(千葉県我孫子市)
千葉こてはし店(千葉県千葉市)
佐倉店(千葉県佐倉市)
千葉誉田店(千葉県千葉市)
・埼玉県
アクロスプラザ三芳店(埼玉県入間郡)
 行田店(埼玉県行田市)
 浦和埼大通り店(埼玉県さいたま市)
・茨城県
 石岡店(茨城県石岡市)
・新潟県
 新潟青山店(新潟県新潟市)
 三条東新保店(新潟県三条市)
・長野県
 飯田店(長野県飯田市)
川中島店(長野県長野市)
フレスポ大町店(長野県大町市)



東海・北陸地方 4店舗

・静岡県
 静岡駅前店(静岡県静岡市)
浜松プラザフレスポ店(静岡県浜松市)
浜松三島(静岡県浜松市)
・福井県
福井種池店(福井県福井市)

近畿地方 3店舗

・和歌山県
和歌山永穂店(和歌山県和歌山市)
・兵庫県
神戸北泉台店(兵庫県神戸市)
・奈良県
ヒルステップ生駒店(奈良県生駒市)

中国地方 1店舗

・岡山県
倉敷中畝店(岡山県倉敷市)

四国地方 2店舗

・愛媛県
フレスポ大須店(愛媛県大洲市)
 フレスポ西条店(愛媛県西条市)

九州・沖縄地方

・大分県
大分駅前店



いきなり!ステーキ閉店店舗の日程は?

ステーキの画像

多くの店舗の閉店日が2020年1月13日に統一されています。

静岡県の浜松三島店はまだ日程が不明となっており、大分県の大分駅前店は2019年12月22日にすでに閉店となっていました。

公式の発表では全部で44店舗を閉店すると発表していますので今後も閉店店舗の情報は発表されていくと思います。

いきなり!ステーキ大量閉店の理由は?

11月14日の発表によると原因は出店計画の見直しだということです。

急ぎすぎた店舗の拡大により、自社競合が起きてしまい約500店あるうちの44店を閉店することになったそうです。

今回閉店する店舗の中には2019年にオープンしたばかりの店舗も含まれており、無理のある店舗の拡大だったことが伺えます。



いきなり!ステーキの評判

急速な店舗の拡大から飽きが来てしまい以前から少しずつ客足が遠のいているという状態の続いていたいきなり!ステーキですが店員に対する教育が追いついていなかったのも原因の一つなのかもしれません。

というのもいきなりステーキは狭い地域に2店舗、3店舗と集中して店舗を配置することも多く、後から開店した店舗はどうしても集客が伸び悩んでしまったそうです。

また、いきなりステーキを訪れた人の中にはがっかりしたという声もあり、飲食店で大事なサービスの面でのクオリティが今ひとつ伸び悩んでしまったのも閉店の要因の一つなのだと思われます。

まとめ

今回は大量閉店が発表されたいきなり!ステーキについて調査をしました。

SNS上では驚きの声とやはりという声が多くみられました。

急な発表ということもあり、いきなり!ステーキ独自の電子マネー「肉マネーチャージ」の消費も加速しているようです。

お近くの店舗が閉店対象になっている方は一度思い出に訪れてみるのも良いかもしれませんね。