伊藤健太郎 黒木瞳に号泣!出演予定の番組、公開予定の映画は?

伊藤健太郎さんが逮捕されたというショッキングなニュースが届きました。伊藤健太郎ファンの管理人としては、とても悲しいニュースです。そして、10月30日に無事に釈放されました!

映画『とんかつDJあげ太郎』も公開直前での逮捕でした。また『今日から俺は‼劇場版』も現在公開中でした。今後の影響も気になるところですね。まずは、映画情報について調べてみました。



伊藤健太郎出演の『とんかつDJあげ太郎』は無事に公開!

公開直前の映画は『とんかつDJあげ太郎』は無事に公開となりました。『とんかつDJあげ太郎』の公式ツイッターでは下記のようにお知らせが出ています。公開は予定通りあって、ファンの方はひと安心したと思います。

「とんかつDJあげ太郎」には、先日大麻で逮捕された伊勢谷友介さんも出演していましたので、呪われていると報道されています。伊藤健太郎さんの舞台挨拶はキャンセルになりましたが、それ以外の舞台挨拶は予定どおり行われました。主演の北村匠海さんは、公開を迎えた挨拶を「正直、この映画をフラットに見てくれる人がどれくらいいるか不安がありました。ここに立つことが少し怖かったり…」と時々声を詰まらせながら話してました。

彼女と報道されている山本舞香さんは報道を聞いて目を腫らして泣いたと報じられましたが、舞台あいさつではさすが女優!明るく挨拶をしていました。印象に残るシーンとしてアゲ太郎が思いを寄せる山本演じる苑子の周囲をダンスをしながら回るシーンを挙げ、「毎回踊り方を変える。天才なんです。北村君に笑わせられました。」明るく笑い終始笑顔で話をされていました。


映画『十二単衣を着た悪魔』は予定通り11月6日に公開!

伊藤健太郎主演、伊藤沙莉出演の映画「十二単衣を着た悪魔」(黒木瞳監督)配給のキノフィルムズは31日、予定通り11月6日に公開すると発表しました。

キノフィルムズ社長を務める、木下グループの木下直哉CEOはコメントを発表しました。

去る10月29日、弊社制作・配給の映画『十二単衣を着た悪魔』に出演しております伊藤健太郎氏が、道路交通法違反等の被疑事実により逮捕されました。逮捕されてからの数日間、事実確認をしながら、関係各所と本作品公開についての協議を重ねて参りましたが、昨日10月30日の夕刻に釈放されたことを受け、予定通り全国の劇場にて公開させて頂く運びとなりましたことを、ここにご報告申し上げます。

当然、上記決定に対しましては様々なご意見があることと存じますが、釈放後に本作関係者への自筆の謝罪書面を弊方が受け取り、また、報道を受けてなお、公開を望む方々からの多くの声を頂戴したことなども踏まえ、関係各社様のご理解、ご協力を賜り、上記の通り決定をした次第です。監督をはじめとした大勢のスタッフ、キャストが長い時間をかけた創作のご尽力に報いたいという想いも、本決定を後押し致しました

「十二単衣を着た悪魔」は、黒木瞳(60)が内館牧子氏の原作にほれ込み、映画化した長編映画2作目の監督作。伊藤健太郎さんは劇中で、ひょんなことから「源氏物語」の世界にトリップした、就職試験59連敗中のフリーター伊藤雷を演じました。

ただ、公開2カ月前の9月に、桐壺帝を演じた伊勢谷友介被告(44)が大麻取締法違反容疑(所持)で逮捕、起訴されてしまいました。その際は「個人が起こした事件で作品は別」という観点からシーンのカットや再撮影は行わず、予定通り11月6日に公開すると発表しました。

10月20日には都内で完成報告会を開き、黒木監督は自身が番組を持つニッポン放送に貼られたポスターを見て一目ぼれしてオファーしたと、伊藤の起用理由を説明。「念願かなって、すごい幸せ」と喜んだ。伊藤も「(演出で)役者の立場に立って考えてくれる」と感謝していたところでした。

無事に上映が決まってうれしい限りですね。

「十二単衣を着た悪魔」7日主役欠席のまま公開記念舞台挨拶を開催

7日に、「十二単衣を着た悪魔」の公開記念舞台あいさつが行われた。舞台挨拶には監督を務めた黒木瞳のほか、伊藤と共演した女優の三吉彩花、俳優の村井良大、笹野高史の4人が登場。伊藤の欠席について説明し、伊藤の話題を控える方針を示し、登壇者が伊藤の話題に触れることはなかった。

出典:yahoo news

伊藤健太郎 黒木瞳に号泣で電話

さて、そんな中、復帰に向けて伊藤健太郎さんが動いているという報道も入っています。まずは被害者との示談に向け、直接謝罪を計画しているようです。

そして、すでに迷惑をかけた関係者には直筆での手紙を送り、直々に謝罪行脚をしている最中とのことです。監督だった黒木瞳さんにも号泣で電話をかけたと報じられています。

伊藤健太郎は、釈放後、今作の監督で女優の黒木瞳に号泣しながら謝罪したという。

電話の内容は

「こんなことを起こして良くなかったのよ。あなた、ダメですよ」「これからのことがあるんだから。やっぱり周りの人がいるんだから頑張っていこう。これからも応援しています。」

出典:日刊スポーツ

主演舞台「両国花錦闘士」(りょうごくおしゃれりきし)降板へ

伊藤健太郎さん主演で12月5日~23日に東京明治座、来年1月5~13日大阪新歌舞伎座で開始予定だった、「両国花錦闘士」を降板すると7日に発表されました。



賠償金の金額はどのぐらいなのか?誰が払うのか?

さて、伊藤健太郎さんはCM2本に出ていました。違約金はどのぐらいなのか、今までの芸能人の賠償金の金額を見ながら、どのくらいの金額になるのか調べていきたいと思います。

伊藤健太郎さんはマルハニチロのCMに出演中だった

マルハニチロは「状況の確認を進めているところで、対応に追われている状況です」と、CMのテレビ放送などは「見合わせる方向です」と説明してます。

 伊藤容疑者はマルハニチロの冷凍食品「WILDish(ワイルディッシュ)」シリーズのCM欲望編に会社勤めの青年役で出演。焼豚五目炒飯をワイルドに食べるストーリーだったが、午後には同社のサイト上でも動画の閲覧ができなくなっています。10月27日に放送開始されたばかりでした。

 伊藤健太郎さんは今年8月4日までのビデオリサーチの調べで2020年上半期テレビCM起用者数(関東地区)ランキングの3位でした。1位の広瀬すず、2位の橋本環奈に続いて14社から起用。前年同期の3社から約5倍に急増していた。

「伊藤健太郎さんのCMの違約金・損害賠償は莫大。ここ最近の不祥事を起こした芸能人と比べてケタ違いの金額になりそうだ」(広告代理店関係者)の話もありますので、莫大な金額になりそうですね。

ここ最近の違約金・賠償金が高かったのは、ピエール瀧さんの10億円から30億円という噂もあります。

沢尻エリカさんもCM1社だけで3億5千万円という報道もあります。伊藤健太郎さんの金額も数十億円にもなりそうです。個人で払うのには高すぎますし、まだ23歳と若いので、事務所で払う可能性が高いのではと思います。

期待されていた若手俳優でしたので、今回のことは残念ですが、しっかりと罪を償って、また活躍できるように頑張って欲しいですね。