小林麻耶グッとラックを降板!降板の真相や話題のコバヤシテレビ局とは?

元TBSのフリーアナウンサーの小林麻耶さん。亡くなった小林麻央さんのお姉さんとしても有名ですね。そんな麻耶さんの奇行が世間を騒がせているようです。「グッとラック」を降板の原因が、いじめだったという情報も入っています。そんなところを詳しく調べてみました。



小林麻耶 グッとラックを降板!You Tubeチャンネル「コバヤシテレビ局」とは?

11月12日日の早朝、公式YouTubeチャンネルに夫で整体師の國光吟(くにみつあきら)さんと出演。生配信をしました。今年2月から木曜レギュラーを務めるTBS系情報番組「グッとラック!」を降板になったと突然発表しました。

この日の朝6時、二人はYou Tubeチャンネルコバヤシテレビ局」に出演、「#11」とホワイトボードを出して、生配信を1時間24分行いました。その中の冒頭、ちょうど11分のところで、夫のあきらさんの横にいる麻耶さんが「皆さまにご報告があります、私、きのう午前中に突然、番組の降板を言い渡されて…。今日番組に出演できないことになりました!」と伝えました。時々、プププと笑いながら報告しました。

「ファッションコーナーのスタッフさんからいじめにあっていて、それに抵抗して、今週の火曜日にあるロケに行きませんって言ったんです。そしたら、昨日降板を言い渡されました」「いじめから守ってくれなかった〇〇さん」と社長や番組プロデューサーの名前を出し、「番組に出さないと決めた○○さんありがとうございます」と言って終わりました。時間としては1分もなかったぐらいの報告でした。

報告を終えるとまた「プッ」と吹き出した。國光氏は笑顔で妻の言葉にうなずき、「じゃ、いいことの話しましょうか」と話題を切り変えていきました。

管理人は、このYou Tubeチャンネルは初めてみましたが、早朝からの配信で夫婦二人で出演してます。「寒いですね、今東京は〇度です」と話をしてます。生配信なのでファンが「つながりました」「見てます」と投稿してくるのを携帯で見ながら、「ありがとう」「おはよう」と二人で会話をしていく感じです。「もう仕事に行くんですね、いってらっしゃい」とどちらかというと二人でイチャイチャ、グタグタしている感じの印象です。でもファンには投稿を読んでもらえたら嬉しいかもしれませんね。

途中で消したくなりましたが、ぐっとこらえて見ていると、降板報告のところまで11分間まで頑張って見ました!

次の、「#12」は二人で瞑想をしています。目を瞑って動かない二人の映像がずっと流れています。微妙な感じのチャンネルでした。しかし、投稿は二人でずっと出ているのか思いましたが、なんと神回と呼ばれる「#8」があることがわかりました。それは、夫あきらさんが単独で出ています。飲み物を飲み、椅子にややふんぞり返りながら、コメントに対して返事をしながら、志らくさんへの怒り、世間への怒りなどを一人で話してました。一人で2時間配信です。夫あきら君のエネルギーの凄さにも驚きました。一度興味がある方は見てみるのもよいと思います。

【話題のコバヤシテレビ局「#11」10分30秒あたりからご覧ください】

【「#8」あきら君の神回?クダクダトークです】




生島ヒロシ 小林麻耶の「生島企画室」の契約解除を番組で報告!

生島ヒロシさんは、13日にパーソナリティを務める「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」の生放送に出演し、小林麻耶さんの契約解除について説明をしました。生島さんは、スポーツ新聞の内容を紹介しながら、「今日はですね…、もうこれは避けては通れない。我々の事務所としても、解除、終了しましたので。なかなか正常なマネジメントが出来ないので、終了しました。本当に残念なことになりました。特に『グッとラック!』のスタッフの期待は大きく、プロデューサーも配慮してくれた。どうして、こういうことになったのか。僕に知らせると心配すると配慮があったのかな。結局電撃交番になってしまいました。」と生島ヒロシさんは、ことの流れを把握してなかったようです。

生島さんは、麻耶さんの夫婦でのYou Tubeの配信を見て、「正直そこまで言うのかっていうのは感じた。」ようです。また一方で、僕も彼女もTBSに育ててもらったところは一緒だ。非常に才能があって、生放送でも瞬発力がある」と麻耶さんの才能を惜しんでいました。最後に生島さんは、「麻耶ちゃんにはグレートリセットを望む」と語った。大いなる出直しをして欲しいようです。

どうやら、麻耶さんが生配信した「#11」の動画が、波紋を呼ぶ結果になったようです。番組プロデューサの名前を言ったり、スタッフ批判をしたこと、ロケの突然のドタキャンなどを受け、事務所から事実上の解雇通告を受けたようです。

テレビ局側は、いじめを受けていたという発言については、事実でありませんと否定した。


小林麻耶 18年8月に引退を発表!19年6月から生島企画室に所属し復帰していた

さて、そもそも小林麻耶さんって、引退しなかった?と疑問に思う方もいると思います。

麻耶さんは、2018年7月24日に、夫あきらさんと結婚し、同年8月3日に「今後は大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」として、所属事務所との契約を終了しました。

しかし、引退後もインスタグラムで発信を続けて、2019年4,5月と金スマに夫婦そろって出演し、その後、シンソウ坂上にも出演し、「体調のため、事務所を辞めましたが、引退をするために辞めたわけではありません」と話し出し、言い訳をするようになりました。

2019年6月に生島企画室に所属し、事実上の芸能界復帰となりました。整体師として活躍する夫も芸名を「あきら。」として同事務所に所属する運びとなりました。6月にはAmebaTVでプチ結婚式を行い、「引退したのに、なんでテレビにでているの?」とひんしゅくを買っていました。


グッとラックでのMC志らくとひと悶着あった?

10月29日のグッとラックで、母親と子供の関係についてのトークの際、涙をにじませ自分の思いを主張する場面もあり、MCの立川志らくとバトルしました。

立川志らくさんが「母親がいないとね…。子どもにとっては不幸なことだ」と言うと、それに対して小林麻耶が「母親がいないと、不幸だっていう風におっしゃったけど、私はそういう風に思いません。母親がいない人たちだってたくさんいますし、母親に虐待をうけている人たちもたくさんいます。母だけの愛情じゃないですよ、この世の中」と涙を流しながら訴えていました。

妹の小林麻央さんの家族を思っての発言だと思います。志らくさんは一般論を言われたと思いますが、感情的な様子に、視聴者からは体調を心配する声を多かったようです。それからわずか2週間での降板となりました。体調不良が最近は続き、現場に夫が来て指示することもあったようです。

これからどのように活動するのか分かりませんが、夫の影響を受けない形で、持っている才能を発揮して欲しいと思ってしまいます。


小林麻耶 降板まとめ

  • グッとラックを降板!原因は撮影に行かない(いじめられているため)とドタキャンしわがままを言ったから。
  • 所属事務所との契約も解除へ。原因はYouTube配信でスタッフ批判のせいかも。
  • 体調不良説もあり、体調を整えてグレートリセットして欲しい。
  • 夫あきら君は、一人で2時間配信するエネルギーの持ち主!