高校野球が台風10号接近で日程変更15日4試合は16日に(2019年甲子園)チケットの払い戻し可能


台風10号接近で日程変更

第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の大会本部は14日、台風10号の接近に伴い悪天候が予想されるため、15日に予定されていた大会第10日の3回戦4試合を中止し、16日に順延すると発表した。応援団の移動なども考慮し、早めの判断となった。全試合が順延されるのは第99回大会以来、2年ぶり。

準々決勝は18日、翌19日は休養日となり、20日が準決勝。今大会から準決勝後に休養日が設けられたため、21日は休養日で、決勝は当初より1日延びて22日の予定。

チケットの払い戻し可能

 第10日は、16日に順延になりました。「第10日」と記された入場券は16日に使用できます。「8月15日」と日付が記された前売り券は使用できません。購入した店舗で、払い戻しが可能です。

通し券(大会10日目指定のチケット)の場合は翌日以降にスライド利用

通し券の場合、チケットが利用できるのは、日付ではなく、大会〇日目かで決まります。

なので、8月15日(木)に利用できる予定だったチケット「大会10日目のチケット」は、スライドして8月16日(金)以降の「大会10日目」に利用できます。

もし、8月16日(金)も試合がすべて中止になった場合は、8月17日(土)に利用できます。

単日券(8月15日指定のチケット)の場合は払い戻し

単日券の場合、チケットが利用できるのは、日付指定です。

なので、8月15日(木)に利用できる予定だったチケットは、全て払い戻し対応となります。

払い戻しは、原則チケットを発券した店舗でのみ対応可能です。

詳しくはチケットに記載していある払い戻し条件を確認してください。