LiSA(リサ)って誰?紅白で「紅蓮華(ぐれんげ)」を歌うアニソン歌手のプロフィールまとめ

今年の第70回NHK紅白歌合戦で、アニメ「鬼滅の刃」オープニングテーマの「紅蓮華」(“ぐれんげ”と読みます)を歌ったアニソン歌手がかわいい(*´艸`*)

LiSA(リサ)について調査しました!

▼NHK紅白 初出場!!

※初回30日無料&期間内の解約可能。

見逃し配信バナー


LiSA(リサ)って誰?プロフィール・経歴

LiSA(リサ)

LiSA(リサ)

名前:LiSA(リサ)
年齢:1987年6月24日(32歳)
出身地:岐阜県関市
血液型:B型
職業:歌手
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト:LiSA OFFICIAL WEBSITE
公式ブログ:https://ameblo.jp/lxixsxa/
インスタ:xlisa_olivex
Twitter:@LiSA_OLiVE
You Tube:LiSA Official YouTube

LiSA(リサ)の本名は?

LiSA(リサ)の本名は 織部 里沙(おりべ りさ)さんです。

LiSA(リサ)の年齢は?

2020年、現在32歳です!

意外と、苦労されています!
次に経歴を調査しました↓

LiSA(リサ)の経歴

▼本人Twitterより

2010年春より放送されたTVアニメ『Angel Beats!』の劇中バンド「Girls Dead Monster(通称:ガルデモ)」2代目ボーカル・ユイの歌唱役として人気を集める。

2011年に「LiSA」としてソロでメジャーデビューを果たし、同年4月に初のCDとなるミニアルバム『Letters to U』をリリース、同年11月に初シングル「oath sign」をリリースする。以降、アニメのタイアップを中心にシングル・アルバムを発売し人気が出る。

ライブパフォーマンスに定評があり、オーディエンスを煽り巻き込むパワフルなライブパフォーマンスが人気を集める。ワンマンライブの他、アニソン系・ロック系のフェスティバルに出演、世界でのライブの活動など活動の幅を広げている。「ロックヒロイン」と呼ばれる二つ名を持つ。

独特のファッションセンスにも人気があり、その親しみやすいキャラクター性で同性からの支持も厚い。

2017年10月までに配信累計170万DLを記録。

出典:Wikipedia

 
 



 
 

LiSA(リサ)の結婚歴・子供は?

人気声優の鈴木達央さん(すずき たつひさ・34)結婚すると噂されています。

鈴木達央(すずき たつひさ)

LiSA(リサ)の出身地

出身地は岐阜県関市の「富田高校」です。

出典:Wikipedia

母親の影響で3歳からピアノを習っていた。幼稚園年長組の時、人見知りの激しさを見かねた母親に地元のミュージカル教室に入れられる。他にも習い事をしていたがミュージカルが一番楽しく、そのおかげで歌うことが好きになった。小学校中学年の頃、テレビでSPEEDが格好良く歌い踊る姿に憧れを抱いている。中学に入った頃まではミュージカル教室の延長で歌とダンスのレッスンを続けていた。

中学2年生の頃、バンドをやっていた3年生の先輩達に卒業ライブでのボーカルを頼まれる。その頃はロックなど全く知らなかったが、聴かせてもらったアヴリル・ラヴィーンがものすごくかっこ良く思えたこともあり、一緒に練習を始める。練習場所はメンバーの自宅の蔵にある防音室だった。卒業ライブでアヴリル・ラヴィーン、LOVE PSYCHEDELICO、EGO-WRAPPIN’などのカバー曲を演奏し、バンドは解散した。

高校時代のバンド「CHUCKY」を結成したばかりの頃は、アヴリル・ラヴィーン、NOFX、ZEBRAHEAD、GREEN DAYなどのメロコアを演奏していた。その時のバンドメンバーの影響で現在の音楽性が形作られたと本人が語っている。高校2年生の頃、よく出ていたライブハウスの人の「勝負するならオリジナル曲を作らないとダメ」というアドバイスを受け、オリジナル曲を沢山作りライブを行った。すると客の評判は上々で、岐阜だけでなく名古屋や大阪でもライブをできるほどだった。学校の成績は良く教師には大学進学を勧められたが、バンドをやるために進学はしなかった。

高校卒業後、2年間ほどバンドを続けるがメンバーの進学や就職で思うような活動が出来なくなる。2008年7月13日、岐阜BRAVOでのライブを最後にCHUCKYは解散。

メンバーがそれぞれの道に進む中「チャンスは今しかない」と思い、音楽活動を続けるために一人で東京へと上京した。

なお、同じ岐阜県出身のcinema staffとは当時から仲が良く、「CHUCKY」の解散LiVEにも出演している。以降も度々交流があり、互いにメジャーデビューした現在でも交流が続いている。

最後までお読み下さりありがとうございます(*^^*)