MOTO GP 2019の視聴方法!生放送を無料で視聴可能!日程・スケジュールや見逃し配信も可!

\無料トライアルで今すぐ視聴する!/

オートバイが好きな方なら、MOTO GPについては、熱く語る方も多いでしょう。

中には、MOTOGPって?何?という方もいます。

現在、全日本や8耐・4耐といったレースを含んでも、地上波ではTV放送がされていないのが現状です。

当然、MOTO GPも地上波放送がされなくなって、ネット中継や衛星放送が中心で放送されています。

MOTO GPの魅力を全力で紹介していきます。

written by:NIGHT CAT

▼堺雅人によるスカパー!のCMです。

MOTO GPを視聴する



◇MOTO GPの視聴方法は?比較

 

2019年現在、MOTO GPは地上波では、放送されておらず、見ることができません。

MOTOGPを見る方法
1.BS日テレ:ハイライトのみ放送
2.日テレG+:日本語の実況と解説で放送、特番も組まれています。
3.Hulu:日本語の実況と解説で放送
4.公式ビデオパス:英語での実況。フリー走行から見ることができます。またデーターのオプションもついています。

ネット配信のHuluが一番有料チャンネルの中では一番いいでしょう。

今なら、2週間無料トライアル中。無料期間に解約も可能です。

MOTOGPの他にも番組を多数視聴できますので断然お得感があります。

MOTO GPをHuluで無料視聴



◇「残り3戦の日程」

2019年10月も終盤ですが、MOTO GPはまだ3戦残っています。
第17戦 オーストラリアGP 開催日 10月25日~27日
第18戦 マレーシアGP 開催日 11月1日~11月3日
第19戦 スペイン・バレンシアGP 開催日 11月15日~11月17日

オーストラリアGPは終了しました。
結果は
1 マルク・マルケス(レプソルホンダ)
2 カル・クロッチロー(LCH ホンダ)
3 ジャック・ミラー(ドゥカティレーシング)

注目選手として挙げていた
アンドレア.ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は7位
ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハレーシング)は8位

マルク・マルケスは容赦ない勝ちっぷりですね。

見逃し配信は「Hulu」でご覧いただけます。

\無料トライアルで今すぐ視聴する!/

▼Huluのお試し登録方法・解約方法

◇MOTO GPのクラスは何クラスあるのか?

 

もともと、MOTO GPはGP500・250・125の3クラス編成で2ストエンジンを採用してレースを行っていました。

2002年からGP500はMOTO GP に変更され4ストの1000㏄へ変更

GP250は2009年からGP250からGP2変更され、4ストエンジンを採用し、さらにエンジンは、1社供給のレースに変更

2012年からGP125はGP3に変更となり2スト125㏄から、4スト250㏄に変更となっています。

3クラス編成は変わりは、ありませんが、全てのクラスで、2ストから4ストエンジンに変更されることになっています。

なんで?と思われるかもしれませんが、市場では2ストエンジンの廃止で2ストでのレースの意味がないことと、地球環境を配慮して4スト化を図ったことで、現在のクラス編成となっているのです。



◇MOTO GPの注目選手は? 

世界最高峰のオートバイレースとして名高い、MOTO GPです。

MOTO GPクラスのライダーは、総勢27名。

この27人の中に入るだけでも、物凄いのですが、2019年シリーズで、ダントツトップを快走しているのが、
レプソル・ホンダの「マルク・マルケス」

2位のアンドレア.ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とは、残り3戦で120ポイントの差がついているので、レプソル・ホンダのマルク・マルケスがワールドチャンピオン決定です。

2019年も残り3戦ですが、マルク・マルケス以外に注目の選手は

2位のアンドレア.ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)
2008年からMOTO GPに参戦していますが、ここ1~2年で頭角をあらわしてきていますが、毎回マルク・マルケスに敗れてしまっているのが、おしいです。

現在のランキングは7位となっていますが、MOTO GPのライダーの最年長のヴァレンティーノ・ロッシです。
GP500時代からの生き残りライダーですが、40歳になった今で表彰台に上がってくるほどの実力者です。
まさに、生きる伝説ライダーの域ですね~

MOTO GPを見るならHulu



◇MOTOGPの見どころと魅力は!?

MOTO GPの見どころは、スタート瞬間から息が抜けません!

スターティンググリッドは、1列目に4台が並びますから、スタートで失敗すると、一気に最後尾近くまで、落ちてしまうケースもあるのです。

スタート直後の1コーナーは、ダンゴ状態で突入していきますから、スタート直後から目が離せないのが、MOTO GPなんです。

4輪のレースと違って、ライダーごとにレコードラインが違ったりもしますので、各コーナーで超接近のコーナーリングが見られます。

4輪は抜くポイントが決まっていますが、MOTO GPはすべてのコーナーが抜きどころといってもいいくらいです、

4輪レースでは、味わえないバトルを見られるのが、MOTO GP魅力でしょう。

周回数が少ない分だけ、全てのライダーにチャンスがあるので、アクセル全開での倉庫も迫力満点ですね~

\MotoGPを見るならコチラ!/

「まとめ」

MOTO GPをわかりやすく楽しむ方法を紹介してきました。

地上波では、現在見ることができませんから、Huluなどのネット配信で視聴するしかありませんが、一度でも見たら、忘れられないほどの興奮を味わえます。

最後までお読みくださりありがとうございます!