特番『ネプリーグSP』岩田剛典(岩ちゃん)&ディーン・フジオカVS霜降り明星&ゆりやん!月9俳優陣が集結!

フジテレビで秋の特番編成が決まりましたね!

今回はその中の『ネプリーグSP』についてご紹介していきます。

「クイズ」のジャンルにとどまらないネプリーグ、おすすめですよ!

written by:どるとる

▼「岩ちゃん」三代目J SOUL BROTHERSが出演♪

「ネプリーグSP」の見逃し配信はFODで配信されます(*^^*)

▼今すぐ無料視聴する!

 



ネプリーグSP出演者紹介

今回は月9新ドラマ『シャーロック』俳優陣を売れっ子芸能人チームが迎え撃つ!

「シャーロック」チームには主演のディーン・フジオカさん、佐々木蔵之介さん、クイズ番組初登場となる三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典さんらが参戦。

売れっ子芸能人チームはリーダーにいとうあさこさん、霜降り明星のお二人、ゆりやんレトリィバァさん、そして女優の鈴木梨央さんというバラエティに富んだ面々。

【月9「シャーロック」チーム】
「シャーロック」チーム
「シャーロック」チームには主演のディーン・フジオカさん、佐々木蔵之介さん、クイズ番組初登場となる三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典さんらが参戦。

堀内健:ネプチューン

ディーン・フジオカ:福島県出身。第42回日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。俳優としてだけではなく、自ら映画監督として映画も撮るマルチな才能を持つ

岩田剛典:三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE及びEXILEのメンバー。愛称は「岩ちゃん(がんちゃん)」。パフォーマーの他に俳優としても活動し、第40回日本アカデミー賞では新人賞と話題賞の2部門を受賞した。

佐々木蔵之介:京都府出身。大学卒業後、広告代理店に入社し営業を担当していた。第38回日本アカデミー賞では優秀主演男優賞を受賞するなど、幅広い演技力を評価される俳優

林修:東京大学卒業の東進ハイスクール現代文講師。予備校講師でありながら、数々のテレビ出演もこなす仕事人間

【売れっ子芸能人チーム】
売れっ子芸能人チーム
売れっ子芸能人チームはリーダーにいとうあさこさん、霜降り明星のお二人、ゆりやんレトリィバァさん、そして女優の鈴木梨央さんというバラエティに富んだ面々。

原田泰造:ネプチューン

鈴木梨央:14歳の中学3年生。2013年、NHK大河ドラマ「八重の桜」にて主人公・八重の幼少期を演じ話題に。ドラマや映画の他、多数のCMにも出演する

いとうあさこ:雙葉高校卒。2003年からピン芸人として活動。マラソンは時間内にゴールできなかったがクイズでは勝利をもぎ取りたい

せいや(霜降り明星):お笑いコンビ「霜降り明星」のボケ担当。近畿大学卒。2018年M-1グランプリ優勝、2018年R-1ぐらんぷり決勝進出、2019年R-1ぐらんぷり準決勝進出など今最も笑いに貪欲な芸人。

粗品(霜降り明星):お笑いコンビ「霜降り明星」のツッコミ担当。同志社大学中退。2018年M-1グランプリ優勝、2019年R-1ぐらんぷり優勝など今最も笑いを生み出す、粗品

ゆりやんレトリィバァ:関西大学文学部卒。R-1ぐらんぷり3年連続ファイナリスト。今年6月、アメリカのオーディション番組「America’s Got Talent」に出演し話題となる。

数々の名場面が生み出される今回、果たして勝利を手にするのはどちら!?

フジテレビ「ネプリーグ」公式サイトより



ネプリーグSP放送内容

今夜の『ネプリーグ』は〈月9『シャーロック』チーム〉VS〈売れっ子芸能人チーム〉!
〈月9『シャーロック』チーム〉は、主演を務めるディーン・フジオカをはじめ、クイズ番組初登場となる岩田剛典、佐々木蔵之介が集結!〈売れっ子芸能人チーム〉のいとうあさこ、霜降り明星、ゆりやんレトリィバァ、鈴木梨央らが迎え撃つ。
1stステージは、出題される2つの空欄を2人1組で解答する〈ネプゴーラウンド〉。

〈月9『シャーロック』チーム〉ディーンは「チーム一丸となって楽しんでいきたいと思います」と意気込み、堀内健と一緒に考えた“シャーロック・ポーズ”を披露!果たして定着するのか!?クイズ番組初登場の岩田はまさかの活躍を見せる!一方で酒屋の息子・佐々木は、お酒の名前が答えられず…どうなるこのチーム!?

続く〈日本語ツアーズバギー〉〈ハイパーファイブリーグ〉ほか全6ステージを制しトロッコへの切符をつかむのは果たして?
放送中にdボタンを押して〈トロッコアドベンチャー〉で出演者より多く正解すると兵庫県「淡路島3年とらふぐ」が当たるチャンスも。引き続き月9新ドラマ『シャーロック』もお楽しみに。

今回のステージ構成は以下の通り。

1stステージ「ネプゴーラウンド」

メリーゴーラウンドのCGセットで2チームが同時対戦。

二人一組となり、ある単語の前半部と後半部をそれぞれが答えていく。

2ndステージ「日本語ツアーズバギー」

チームで参戦するが、解答者は一人で出題されるクイズを次々と答えていく。

1問ごとに制限時間が設定されていてタイムオーバーになったらチームが乗り込んでいるマシンにダメージが入り解答者が交代する。

全問正解でクリア、そして5人全員タイムオーバーでゲームオーバーとなる。

3rdステージ「ハイパーファイブリーグ」

正解が5文字になる問題が出題され、1人が1文字を担当し答えていく。

1枠にいる解答者が1文字目を答える、2枠にいる解答者が2文字目を答える。

ただし解答の発表は5人同時にされるため4~5人目が有利などということはおきない。

「ハイパー」バージョンでは上記のルールに従って2チームが同時挑戦となり、どちらかのチームが間違えた場合、相手チームにポイントが加算され、対戦の構図が強くなる。

他3ステージ

・・という全6ステージ構成となっていて、最後には勝利チームだけが挑戦できるトロッコアドベンチャーが待ち受けています。

そんな難関問題を前にして各チームは意気込み充分と思いきや?

シャーロックチームリーダーのディーンさんは堀内健さんと一緒に考えたというシャーロックポーズを披露し、佐々木蔵之介さんは実家が酒屋なのにお酒の銘柄がわからず・・、などなど月9チームはちょっと不安になる要素が。(^^;)

しかしクイズ初登場の岩田剛典さんが意外な活躍を見せ、チームを救う場面も・・・!?

売れっ子芸能人チームも俳優チームに負けじと(?)笑いと正解を獲りに行く!



ネプリーグとは?名倉(ネプチューンは出演!?)

特番『ネプリーグSP』岩田剛典(岩ちゃん)&ディーン・フジオカVS霜降り明星&ゆりやん!月9俳優陣が集結!

『ネプリーグ』はフジテレビ系列で放送されている人気クイズ番組です。

毎週月曜日の夜7時~8時に放送されていて、今回はSPということで夜7~9時までの放送となっています。

基本的に5人1チームのチーム対抗戦の形式で進行します。

ネプチューンの3人もチームに組み込まれるので司会進行はアナウンサーの方がおこなっています。

出題されるクイズはそれぞれのチームに対して別々のため、お題のひきに左右されることも多いです。

このあたり良く考えられていて、チームごとに持っている知識に差があったりするのですが、必ずしも学力が上のチームが勝っていくようにはならないところがミソです。

クイズ以外でもトークやゲーム方式のコーナーもあったりしてとても楽しいですよ!

番組名にある通りお笑いトリオ「ネプチューン」の3人が司会を務めていますが、リーダーの名倉潤さんは先日休養を発表されたので今回はお休み。

ゆっくりと療養していただきたいですね。(^-^)

今回の『ネプリーグSP』ではディーン・フジオカさん、岩田剛典さん、佐々木蔵之介さんら新月9俳優陣が終結します。

そして対抗チームには、いとうあさこさん&霜降り明星&ゆりやんさん、そして鈴木梨央さんら売れっ子芸能人が参戦!

売れっ子俳優VS売れっ子芸人という構図になっていますが、果たして勝負の行方やいかに・・・!?



ネプリーグ人気コーナー

ネプリーグはクイズとアトラクションを合わせたコーナーが数々あります。

その中でも最も人気の高いコーナーをご紹介します!

今回のSPでもいくつか見られるかもしれません。(^^)

・パーセントバルーン
パーセントバルーン

風船で持ち上げられた気球を模した回答席でクイズに答えるコーナーです。

風船の数は100個あり、チームの5人が1問ずつ、お題に示されたものの「割合」を答えていきます。

正解との差がそのまま風船の割られる数となるので、できるだけ正解の割合に近い数字を答えなくてはいけません。

例・「スマホを持っている人の割合は?」

この場合正解が70%だとして、60%と答えると風船が10個割られてしまうわけです。

相手チームよりも1つでも多く風船を残すことで勝利となります。

・ファイブボンバー

答えが複数個ある問題を制限時間の中で1人ずつ順番に答えていきます。

1人正解するごとにチームには10ポイント入りますが、パスはできないので正解するまで次の回答者に回りません。

回答者が答えられずタイムアップ、しかし後ろの人たちは正解がわかっていたということがよく起こります。

このあたりはチーム戦ならではのもどかしさですね。

・トロッコアドベンチャー
トロッコアドベンチャー

こちらは勝利したチームが挑戦できるボーナスステージで、ここをクリアしたチームに賞金・商品が授与されます。

解答者たちはトロッコ型の解答席に乗り込んで、出題される問題の正解を2択から選んでトロッコをかたむけさせます。

正解ならば次の問題へ、不正解ならばその時点でゲームオーバーです。

クイズもさることながらアトラクション性も高く、トロッコの前に映し出される大型モニターにより本当に洞窟や水中を進んでいる臨場感が楽しめます。

見ているこっちもハラハラ!

特にゲームオーバーの時の落下感はすごい・・(T_T)

時々ルールを変更したバージョンも行われるので、今回のSPでも趣向を変えたものだったり、ドラマに絡めたゲーム内容になっているかもしれませんよ!



ネプリーグSPのゲスト紹介

今回のSPのゲストについて。

◇月9「シャーロック」チーム

・ディーンフジオカ

1980年8月19日生まれ、福島県出身の俳優。

香港、台湾において先にデビューしており海外にもファンが多い方です。

日本でも第42回日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞を受賞するなど実力は俳優として認知されています。

また自ら映画監督として映画も撮るマルチな才能を発揮されています。

イケメン俳優の代表格のような方ですよね。

歌の才能もあり、ライブ活動もおこない昨年のツアーでは2万人を導入。

実は芸能の世界に入るきっかけも音楽関係で、香港のクラブで飛び入りでラップを披露したところをスカウトされました。

・岩田剛典

三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE及びEXILEのメンバー。

1989年3月6日生まれ、愛知県出身で慶應大学卒。

愛称は「がんちゃん」。

パフォーマーの他に俳優としても活動し、第40回日本アカデミー賞では新人賞と話題賞の2部門を受賞しています。

小学校の時に全国模試で上位になったことがあり、中学時代はバスケットボール部、高校時代はラクロスでU-19日本代表候補に選出されるなど文武両道の面が光ります。

高校3年の時に映画『RIZE』に影響を受けてストリートダンスのクランピングを始め、そこが今のルーツになっているようですね。

大学時代にはミスター慶應コンテストで最終候補者にもなっており、ビジュアルもイケてるなど隙のないお人。

2010年の大学4年の時に三代目J Soul Brothersのオーディションに合格。

決まっていた内定は辞退したとのこと。

ちなみに日本テレビのアナウンサー試験も一度受けています。

その後2014年にはEXILEメンバーに入るためのオーディションでも見事合格し、三代目J Soul Brothers&EXILEメンバーとなりました。

EXILEチームの一員としてダンスは言うまでもなく一流なのですが2010年代から俳優業にも進出しています。

当初、演技に対して賛否両論の声が上がっていたと聞きますが2016年には映画の新人賞をとるなどしっかりと評価されています。

最近の評判は否定的な声は上がらなくなり、有名俳優の方たちと並んでも引けを取りません。

ダンスにも演技にも真面目で努力家な人と言えます。

・佐々木蔵之介

1968年2月4日生まれ、京都府出身の俳優。

大学卒業後、広告代理店に入社し営業を担当していた経歴があります。

第38回日本アカデミー賞では優秀主演男優賞を受賞するなど、日本屈指の俳優さんです。

歌舞伎の舞台に上がった経験がありますが、実家は京都の酒屋さんでご自身は歌舞伎の家柄とは無関係です。

ですが歌舞伎役者の四代目市川猿之助さんとは共演がきっかけとなって今では交流が深いようです。

家が酒屋ということもありかなりの酒豪。

共演者の方と飲みに行く機会も多く、利き酒も得意です。

実は小型船舶免許1級保持者。



◇売れっ子芸能人チーム

・いとうあさこ

1970年6月10日生まれの東京都出身で雙葉高校卒。

2003年からピン芸人として活動。

リポーターとしても活躍していて、バラエティでも情報系のコーナーでよくロケをしているのが印象的。

無類のお酒好きとしても知られて、「最後は飲み屋で死にたい」とも語っています。(^_^;)

熱燗を飲んだ勢いで最初の彼氏を作り、赤ワインを飲んで2人目の彼氏、3人目は芋焼酎・・とお酒は恋愛にも深い影響を与えていたようです。

・せいや

お笑いコンビ「霜降り明星」のボケ担当。

1992年9月13日生まれ、大阪府出身。

本名・石川晟也(いしかわせいや)。

近畿大学卒で2018年M-1グランプリ優勝、2018年R-1ぐらんぷり決勝進出、2019年R-1ぐらんぷり準決勝進出などなど今最も勢いのある若手実力派。

高校時代にいじめを受けていましたが、それを笑いの力で克服した経験があります。

文化祭の時に作ったコント仕立ての演劇がウケて表彰され、その際に「いじめを跳ね返したぞ!!」と叫んで拍手喝さいが起きました。

それ以降いじめはなくなり、せいやさんはこのことをいつか書籍化したいとも語っています。

・粗品

お笑いコンビ「霜降り明星」のツッコミ担当。

1993年1月7日生まれ、大阪府出身。

本名・佐々木 直人(ささきなおと)

同志社大学中退。

2018年M-1グランプリ優勝、2019年R-1ぐらんぷり優勝などせいやさんをしのぐ実力者で霜降り明星のブレーン。

「粗品」の芸名には、「つまらないものですが・・・」という謙虚な意味合いをもって命名したとのこと。

大御所の人相手でもひるまず笑いを生み出す様は、新時代という感じがしますよね。(*^^*)

ゲームやギャンブル好きで、パチンコはユーチューブのチャンネルでもコーナーを設けるほど好き、というより愛していると言っても過言ではないくらい。

意外と破天荒な面もあるんですね。

・ゆりやんレトリィバァ

1990年11月1日生まれ、奈良県出身で関西大学文学部卒。

ピン芸人でもありアイドルグループ吉本坂46のメンバー。

本名・吉田 有里(よしだゆり)。

R-1ぐらんぷり3年連続ファイナリスト、さらに今年6月、アメリカのオーディション番組「America’s Got Talent」に出演し話題となりました。

小学校2年生の時に吉本新喜劇を見て山田花子や島田珠代に憧れて芸人を目指すことに。

「これなら一重まぶたの自分でもスポットライトを浴びれる」とも思ったのだとか。

・鈴木梨央

2005年2月10日生まれ、埼玉県出身。

10代ながらすでに女優、声優、タレント、歌手などをこなす。

好きなものはバニラアイス。

2013年、NHK大河ドラマ「八重の桜」にて主人公・八重の幼少期を演じ話題になりました。

ドラマや映画の他、多数のCMにも出演しています。

また2015年公開の「リトルプリンス 星の王子さまと私」ではアニメ声優に初挑戦し、同年のカンヌ映画祭に特別招待作品に選ばれたため日本人最年少女優としてカンヌデビューも果たしています。

こちらのチームはまさに「若手実力者」の方が集まりましたね。

あさこさん、いじられそう(笑)





ネプリーグSP出演者紹介

・名倉 潤 なぐら じゅん(ネプチューン)

1968年11月4日生まれ、兵庫県出身。

お笑いトリオ『ネプチューン』のリーダー。

ツッコミ担当で愛称は「潤ちゃん」「リーダー」。

最初は俳優志望でしたが途中でお笑いに転向、コンビを組んでいたが相方が引退したため一時期はピン芸人で活動していました。

そんな折に後輩であった原田泰造さんと堀内健さんに声をかけられて1994年に「ネプチューン」を結成しました。

後輩だったお二人ですがあっという間にため口で話してくるなど、距離を詰められるのは早かったそうです。^^;

また奥さんは元・おニャン子クラブの渡辺満里奈さんで、テレビ朝日の『銭型金太郎』で共演したことがきっかけに結婚となりました。

名倉さんはその顔付きからタイの人としてよくいじられていて、奥さんのお母さんも結婚する際に娘さんに「タイの方と結婚ということは国際結婚になるけどいいの?」とジョークを言うなどかなり浸透しています^^;

現在、ヘルニア手術から派生したうつ病のため療養中。

今はしっかりと体を休めて欲しいです。

・原田 泰造 はらだ たいぞう(ネプチューン)

1970年3月24日生まれ、東京都出身。

『ネプチューン』のボケ担当。

トリオ以外でもソロで司会者や俳優業も行っています。

愛称は「タイゾー」「泰ちゃん」。

幼い頃からテレビに出たい願望があって、幼少期に親に内緒で劇団に入ろうした経験があり、その時は家の家計事情から断念しています。

高校入学の頃には芸能人になることよりも実家の弁当屋の家業を助けたい気持ちの方が大きくなっていて、農業高校に進みます。

しかし卒業のころには夢が再燃していてモデルや俳優のオーディションに片っ端から応募していったようです。

1991年からお笑いを始めて現在のワタナベエンターテイメントにオーディション合格。

ネプチューンを組んでからは『ボキャブラ天国』を始めとした各番組で活躍し冠番組を獲得していきます。

そして俳優業でも有名になっていますよね。

2005年にはゴールデンアロー賞・新人賞を獲得しています。

CMで演じた熱いお父さん役など、印象に残るキャラクターが多いです。( ̄▽ ̄)

・堀内 健 ほりうち けん(ネプチューン)

1969年11月28日生まれ、神奈川県出身。

ネプチューンのボケ担当で、ネタも堀内さんが書いています。

愛称は「ホリケン」「健ちゃん」。

童顔でよく笑い、誰からも愛されるキャラクターですが、共演者に無茶ぶりをしたり流れを無視してギャグをねじ込むなど少々破天荒なところも。

しかし笑いには真面目でこまめで、番組共演者の情報など事前に調べてトークに活かすなど努力家の面もあります。

明石家さんまさんいわく「司会ができればポストさんまもありえる」。

松本人志さんいわく「的確にお笑いの分析が出来ている」「酔拳のよう」。

などなど、業界でも実力者として認知されています。

・林修

1965年9月2日生まれ、愛知県出身。

予備校の講師、そしてタレント。

専門は国語の現代文で、知識もすごいですが話術も巧みな方ですよね(^^)

タレントとしてはワタナベエンターテインメント所属で、ネプチューンとは同じ事務所という仲です。

予備校講師としてテレビコマーシャルに登場し「いつやるか?今でしょ!」のフレーズで一躍有名人に。

2013年から正式にタレント活動を開始して情報番組やバラエティ番組でその知識を活かして解説役を主に務めて、現在では冠番組を持つほどの人気者に。

ネプリーグでは演者としてもクイズに参加していますが、同時に切れの良い解説もこなしているのがすごいですよね。

しかしそんな林先生でも全問正解はできていません。

ネプリーグ恐るべし。(◎_◎;)

・佐野 瑞樹 さの みずき

12月9日生まれ、静岡県出身のフジテレビアナウンサー。

ネプリーグでは進行役を担当。

番組開始当初は伊藤アナがナレーション、司会・進行をおこなっていましたが伊藤アナが夕方の情報番組を担当することになったため佐野アナが後任として引き継ぎました。

明るく、わかりやすく、品よくがモットーで、本当にこの方の話し方は品が良いですよね。

おふざけ満載のバラエティー番組に品の良さがギャップでよく合います(笑)

「ネプリーグSP」の見逃し配信はFODで配信されています。

\今すぐ無料視聴する!/