ニッポンノワール最終回ネタバレ予想・考察!真犯人は誰?「刑事Nの告白」「刑事Uの告白」

12月15日(日)人気ドラマ『ニッポンノワール』が最終回を迎えました。

CMでも全ての謎はこの1時間のためにあったなどと大々的に放送しており、これまで視聴してきたファンの期待も高まっています。

十億円強奪事件の真相と碓井薫殺害事件の真犯人は誰なのか、様々な憶測が飛び交っています。

今回はニッポンノワール第9話のおさらいと最終回第10話のネタバレ考察を行って行きたいと思います。

「ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー」1話~最終話&huluオリジナルストーリー
「刑事Nの告白」
「刑事Uの告白」
が2週に渡ってhuluより配信されます。
こちらも必見です。

視聴はこちら⇒「刑事Nの告白」「刑事Uの告白」



ニッポンノワール第9話のおさらい

ニッポンノワールあらすじの画像

大きく物語の動いた第9話。

最終回につながるとても重要な回をおさらいして行きましょう。



あらすじ

※ネタバレ注意※

清春は喫茶店を訪れ、マスターに「班長から預かったUSBにあんたがニッポンノワールのメンバーだった証拠があった」と迫ります。

しかしマスターは「今話せることはなにもない」と呼び寄せた警察官をけしかけてきます。

なんとか警察官から逃げ延びた清春は咲良の元を訪れ、マスターがニッポンノワールのメンバーであること、USBにもう一つパスワードが必要な項目があることを伝えます。

咲良は自身の父親が姉を殺した組織と関係があるはずないと清春の言葉を否定し、去って行きます。

沙羅が去った後克喜の渡してくれたガルムフェニックスの下敷きがヒントとなりパスワードを解読に成功します。

内容に驚愕する清春はUSBを高砂に渡し、なにかを依頼していました。

一方の南武は5年前に家出をし、ベルムズに加入をしていた息子の行方を求めニッポンノワールと公安の動向を探っていました。

パスワード解読が成功した翌日、清春はとつぜん克喜に「どこでも好きなところに連れて行ってやる」と告げます。

「清春さんはどこに行きたいですか」と返す克喜を自身の父親の入居する老人ホームへ連れて行き克喜を「自身の息子だ」と紹介し、「今ならあんたの気持ちがわかるよ。色んなもの背負わせちまったんだな」と話します。

それまで清春のことを忘れてしまっていた父親はその時だけは清春のことを思いだし「ごめんな清春」と泣きながら繰り返していました。

その後公園に行ったり一緒にお風呂に入ったり楽しい時間を過ごした清春と克喜。

しかしその夜、「前の人に当たり散らす自分に戻るのが怖い」と震えて眠れない克喜に「いいんだよ戻っても。俺が全部受け止めてやる」と優しい言葉をかけます。

一方、咲良と芹那はどうやったら世間にニッポンノワールを公表できるか考えていました。

するとネット配信を行う元3年A組のメンバーを見つけ、ネット配信でニッポンノワールのことを世間に公表することを思いつきます。

生徒たちに「もっとインパクトがあれば皆食いつくかも」とアドバイスをされます。

清春と克喜が二人で出掛けた翌日、清春は安心して眠る克喜に「じゃあな」と声をかけ一人でマスターの元へ向かいます。

「今日でいいんだろ。今日が俺が覚醒する日なんだろ」と告げるとマスターは「答えにたどり着いたようだね。ついてきたまえ」と喫茶店の隠し扉へと清春を招きます。

隠し扉の先で「私は黒幕じゃない。」とはっきり告げるマスター。

清春は「でもあんたは中心メンバーだったろ。俺に実行したアルティメットプログラム。簡単に言えば肉体改造のことだろ。開発者はあんただ」と詰め寄る。

マスターは定年後ニッポンノワールに所属していたこと。

はじめ極秘プロジェクトは未成年の犯罪者をなくすことが目的だったこと。

政府の欲で戦闘に特化した兵隊を作るプロジェクトを始めてしまい、その結果誕生したのがアルティメットプログラムであったことを語りました。

マスターは娘の星良を人質にとられ従うしかなかったのでした。

プログラムさえ完成すれば娘も私も解放されると信じてプログラムの開発に没頭したマスターでしたが星良はそんな父親もニッポンノワールのことも恨んでおり、計画の全てを世間に公表するつもりでした。

そして星良は宝生順平に殺害されてしまいます。

失意のマスターはデータを全て消去し、ニッポンノワールを抜けます。

プログラムは終了したはずでしたが星良が世間に公表するためマスターのデータを抜き取っており、データを奪ったニッポンノワールが研究を再開してしまったのでした。

そして現在、ニッポンノワールを抜ける際に残されたもう一人の娘咲良に手を出さないことを条件に完成させたアルティメットプログラムを強化する新薬。

十億円強奪事件の際に薫が奪ったその新薬を取り返すためニッポンノワールが暗躍していると言うのです。

その新薬のありかは清春の記憶の中にのみあると告げるマスター。

マスターはニッポンノワールのマークをみせ清春の意識は途切れます。

その頃、薫の父である碓井元警察庁長官はベルムズのリーダー陣内と会っていました。

そこにガスマスクの人物が現れ、二人とも射殺をしてしまいます。

記憶の蘇る清春。

記憶の中で薫は「私が本当に憎いのは清春あなたよ」と告げ、清春を射殺しようとします。

清春は拳銃を奪い取ろうとしてもみ合いになり、薫を撃ってしまいます。

「俺が克喜の母親を殺した」と顔面蒼白の清春。

そんな清春にマスターは「銃声は何発聞こえた?」と問いかけ、清春は「一発」と答えます。

するとマスターは「次にこれを見てくれ」とまたニッポンノワールのロゴを見せ、清春はついに全ての記憶を取り戻します。

一方、先ほど亡くなったベルムズのリーダー・陣内は実は南武の息子でニッポンノワールの人格矯正プログラムで記憶と顔を変えていたことが判明します。

南武はその知らせを受け「お前こんな死に方がしたくて家でしたのかよ」と泣き崩れます。

そこに清春から「全ての記憶が蘇ったので話したいことがあります。それと頼み事があります」と連絡があります。

署で二人きりで話す清春と南武。

清春は碓井薫を殺したのは自分であることを告げ、「でも十億円強奪事件の実行犯を撃ったのは俺じゃない。あれは碓井薫の共犯者の仕業です。あなたですよ南武課長」と銃を向けます。

清春は腹を割って話しましょうと防犯カメラを破壊します。

実は防犯カメラで南武班のメンバーが様子を伺っていたのです。

別に仕掛けた盗聴器は無事で会話に耳を澄ます南武班のメンバー。

清春は南武が実は陣内が自分の息子であることとニッポンノワールの関係を知っていたのではないのか。

ニッポンノワールの計画が成功し、息子がスケープゴートにされてしまうのを防ぐため、計画を狂わせようと実行犯たちを殺害したのではないかと詰め寄ります。

南武は「そんなもの(陣内が息子であること)知ってたらとっくにパクってたに決まってるだろ」と怒り銃を向けます。

清春はそんな南武を一蹴し拳銃を突きつけ「俺は十億のありかを知りたいだけなんだよ。碓井薫は十億円と新薬は共犯者に計画を打ち明けた場所に隠したと俺に話したんだよ。俺はな十億円が欲しいんだよ。さっさと答えろよ」と話します。

「そんなもの知らねえよ。撃ちたきゃ撃て」と南武が言うと清春は発砲してしまいます。

銃声を聞き、盗聴していた南武班のメンバーが二人の話していた部屋に駆けつけますが、部屋には防弾チョッキを着ていたため無事だった南部が横たわっているのみで清春の姿はありませんでした。

場面変わり、薫が清春に計画について打ち明けた山小屋にはガスマスクの人物がいました。

そこに清春が現れ「遅かったな。そこには十億円も新薬もねぇよ。危うく嘘の記憶を信じるところだった。俺の最後の記憶を改ざんして真犯人に仕立て上げようなんてよ。あの後、本当の記憶を取り戻したんだ。」と言います。

薫は清春に「一人だけ。この山小屋で(計画の)全てを打ち明けた。ここは真犯人しか知り得ない場所。」と告げていたのでした。

清春は「お前の化けの皮、剥がしてやるよ」と告げます。



第9話考察

マスターが元ニッポンノワールのメンバーであることが判明し、清春の記憶が全て蘇った第9話。

清春と南武の会話はおそらく演技だと思われます。

となると盗聴器はわざと壊さなかったことになり、真犯人は盗聴を行なっていた南武班のメンバーの可能性が高くなります。

9話で清春の最後の記憶が蘇りましたが、その内容はまだ明らかになっていないこと、清春が高砂にUSBを託し行なっていたお願い事などまだまだ気になる伏線もあります。

劇中ではガスマスクの男と呼ばれている人物ですが、男である証拠は出てきていないため、女性である可能性も十分にあります。

SNSでは強いガスマスクの人物と弱いガスマスクの人物が存在していること。

ガスマスクの人物が清春より小柄であること。

喫茶店で現れたガスマスクの人物は弱い方のガスマスクであり、その場には清春より小柄である咲良がいたことからガスマスクの人物=真犯人は咲良ではないかという声もあります。

確かに咲良であればマスターの作った新薬で身体強化を行い、強いガスマスクとして行動することも可能であるように思われます。

ですがそうなると盗聴器の会話をどこで傍受していたのかなどの謎も生まれてきます。

いろいろな想像が膨らみますが全ての謎は最終回で明らかになるので楽しみに待ちたいと思います!



ニッポンノワール最終回予想・考察

真犯人は誰?

現在真犯人の候補は以下の人物達です。

  • マスターの肉体改造の薬を利用した咲良
  • 清春と南武の会話を盗聴していた南武班のメンバー
  • 実は生きていた才門
  • 戦闘が強い名越

真犯人が咲良であれば姉を殺害し家族をめちゃくちゃにしたニッポンノワールへの復讐を行うという理由で納得はできますし、薫が計画を打ち明ける相手としても妥当だと思われますが、9話の盗聴のシーンの繋がりが薄いように感じられ違和感が残ります。

素直に考えると清春と南武の会話を盗聴していたメンバーの可能性が高いのですが、薫の計画を打ち明ける相手としては微妙な気がします。

計画を打ち明ける相手としては7話で死んでしまった才門が実は生きていたという可能性もありますが、少し無理やりな気もします。

盗聴を聞いていた、戦闘が強い、ガスマスクとの遭遇時弱いガスマスクであったということから名越の可能性もありますがこれも薫との接点という点で弱い気もします。

真犯人の特定は未だ困難です。



清春死亡説とは?

一部では最終回で清春が死亡するのではないかと噂されています。

明確な根拠があるわけではないものの9話エンディングが妙にほのぼのしたものであったこと、清春覚醒の日の前日とつぜん克喜と外出したことと覚醒の日当日眠る克喜に「じゃあな」と別れの挨拶とも取れる言葉をかけていることから、清春自身も死の覚悟はしているのではないかと思われます。

死亡の理由としてはガスマスクの人物に殺害される、アルティメットプログラムの副作用で死亡するなど様々な理由が考えられます。



最終回ネタバレ予想

まず真犯人ですが咲良の可能性が高いのではないかなと考えていますが他の候補の人物もそれぞれ真犯人になり得る個人的な思惑があるので断定しづらい状況です。

ガスマスクの人物はニッポンノワール側の人間とされていますがニッポンノワール所属の人物を殺害していたりとニッポンノワールの味方とも取れない行動をしていることもあります。

ガスマスクの人物は新薬を手に入れて何をするつもりなのでしょうか?

そして真実を手に入れたとき清春はどのような行動に出るのでしょうか。

最終回では劇中の時間が現実の時間と同じ時刻に設定されており現実とリンクする仕掛けが用意されているとのことです。

どのような仕掛けになるのかそちらも期待したいところです。

「ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー」1話~最終話&huluオリジナルストーリー「刑事Nの告白」「刑事Uの告白」が2週に渡ってhuluより配信されます。
必見です。

まとめ

最終回目前のニッポンノワールですが、9話でマスターは元ニッポンノワールメンバーであったこと、清春の記憶が全て戻った、南武の息子が人格矯正プログラムを受けベルムズのリーダーになっていて死亡してしまったことなど様々なことが明らかになりました。

同時に浮かんできた清春の最後の記憶の内容やUSBに隠されていた内容と清春が高砂にした依頼の内容などの謎と未だに掴めない真犯人の存在。

最後まで見逃せないドラマニッポンノワール最終回は12月15日22時30分より放送されます。

「Hulu」ではニッポンノワール以外にも、人気の作品が多数視聴できます(^^)

  • 「3年A組」-今から皆さんは、人質です-
  • 「あなたの番です」
  • あなたの番です番外編「扉の向こう」
  • アニメ「鬼滅の刃」シーズン1

\今なら無料トライアル実施中/

→▶2週間無料トライアルはこちら