岡山県の海釣りポイント情報まとめ!宇野港・牛窓・与島周辺の最新穴場ポイントも

 



宇野港周辺

玉野市の海は潮あたりも良く釣り座も広い所が多いので釣り易い。夜釣りでのメバルや、特に近年は大マダイが釣れる狙える1級ポイントもあります!

田井新港

<1級ポイント>
波止先端

潮通しが非常に良くターゲットも豊富。
岡山の貴重なマダイが狙えるポイントのひとつ。
波止先端が有望で、引き潮の沖に流れる潮をフカセ釣りで釣る。
満ち潮でもチャンスはあり、サイズは30㎝前後、50㎝オーバーも実績あり。
撒き餌は絶えず撒き続けてマダイを寄せる。
春は、4月中頃からコウイカ釣りでも有名なポイントで、岸壁一帯は車を横付けできるのでファミリーにもおすすめ。引き潮時は潮が早いので、周囲の人との距離は広めに開けておいた方が無難。
水深は10m以上あり流れも速い為、5~10号の先おもり式の胴突き仕掛けで、エダスをとってコウイカ用のエギやスッテを付けて狙う。
冬から秋にかけてはメバルも好釣果で、常夜灯がある波止の先端が好ポイント。波返しは少し高さがあるので注意が必要です。

<アクセス>
国道30号を南下し、玉野市へ。田井の三差路から県道22号を宇野駅方面へ。
近くの田井みなと公園にトイレがあります。清水橋の交差点を「田井みなと公園」方面へ道なりに進むとある。

宇野港

<1級ポイント>
岸壁東角

宇野駅の南側に位置する、きれいに整備された広い岸壁がある宇野港。
岸壁周辺は潮通しも良く、大きい潮回りでは流れが速くなり釣りにくいので、小さい潮回や潮止まり前後がおすすめ。
常夜灯があるので、ベイトが集まりやすくメバル・スズキ・アコウ・ヒラメ・マダイ等の実績がある。
サヨリやママカリの回遊もあり、アジの回遊する事もあり、秋口にはコウイカやアオリイカがエギングで狙えます。
特にメバルの実績が高く、護岸一帯がポイント。
秋から春にかけてルアーやシラサエビでのウキ釣りがおすすめ。
常夜灯近くでは潮代わりのタイミングでメバルが浮く事もあり入れ食いのときもある。岸壁際付近ではカサゴも良く釣れます。
また、北向きの柵のある岸壁一帯は内湾になるので潮が緩く釣り易い。

<アクセス>
国道30号を南下し、玉野市へ。田井の三差路から県道22号を宇野駅方面へ。
宇野駅を越えると、左手に駐車場があり、その奥が宇野港。
トイレは駐車場にあります。

向日比港

<1級ポイント>
赤灯台の長波止沖向き

日比港の東側に位置する港。3つの波止から釣りができ、どの波止も潮流が緩く釣りやすい。
カサゴは年中狙え、大型も混じる。赤灯台の沖向きのシモリ際をルアーや胴突きで狙うのが好釣果。短い波止の付け根付近でもよく釣れる。
夏の時期から秋にかけてはチヌのダンゴ釣りが人気。
30㎝までの小型が多いが、竿一本から二本の範囲で釣れ潮も比較的緩いので、
ビギナーにもおすすめ。乗っ込み期にはフカセ釣りで大型の実績もあり。
湾内ではルアーや泳がせ釣りでヒラメが釣れる事もある。
秋口にはサヨリやママカリの回遊も見られ、足元まで群れてくるので、初心者でも釣りやすい。

<アクセス>
宇野から渋川・王子が丘方面へ。
日比の交差点を南へ1つ目の信号を左へ曲がり海沿いに走ると向日比マリーナを越えた所にあります。公衆トイレあり

渋川海岸

<1級ポイント>
砂浜一帯

渚釣りのチヌがおすすめ。投げ釣りでキス・カレイ等が釣れる。
夏の時期は海水浴客で賑わうので竿出しは避ける。
渚釣りのチヌでは乗っ込みの時期から年内まで。サイズもそこそこの良型が上がることが多い。沖へ払い出す潮を探して、そこへ仕掛けと撒き餌を同調させるように流すとかけ上がり付近でチヌが食ってくる。遠投使用の撒き餌が定番。沖は急なかけ上がりになっているので魚が集まりやすい。
投げ釣りも沖のかけ上がりを狙い、カレイやキスが狙える。沖にできる潮目をダイレクトに狙うとスズキが釣れる事もある。
東の端にある石積みの波止から「ジャキ岩」と呼ばれる岩場からもチヌが狙える。潮通しが良く、秋にはエギングでアオリイカも釣れる。

<アクセス>
国道30号の玉野のループ橋を南へ、国道430号を児島方面へ。
海へ向かって走ると渋川海岸に当たる。各所トイレあり。

王子が岳

<1級ポイント>
石積み波止西側の砂浜

北西側の砂浜は投げ釣りの好ポイント。
11月頃から良型カレイの実績があり、満ち引き両潮狙えるが、潮の動き始めが活性が良くなる。
干潮時は釣り座が広い為広範囲に投げ分けれる。
エサは本虫・アオムシ・又はその二つのミックス掛けが良い。
夏から秋にはキスも釣れる。
周辺はところどころにシモリがあり、夜のメバル釣りも好釣果。
石積み波止周辺では、フカセ釣りでチヌが狙え、40越えの良型も多い。
秋にはエギングでアオリイカが狙える。2.5~3号のエギで沖目を棚を探りながら狙う。シモリが点在している為、多少の根掛かりは覚悟する。

<アクセス>
倉敷市児島からは、国道430号を渋川海岸方面へ。
「王子が岳登山口」のバス停裏に広い駐車場がある。
駐車場内にトイレあり

大畠海釣り公園

<1級ポイント>
アーチ状岸壁の1番北

県内でも1番人気の高い釣り場の一つ。
南の波止は波返しがなく釣り座も広い。
魚種も豊富で、マダイ・チヌ・サヨリ・アイゴ・カレイ・メバル・カサゴ・タチウオ・アジ等が釣れる。
公園一帯が釣り場で、特に波止の先端は人気で場所もとれない事が多いですが、おすすめの穴場ポイントはアーチ状になった岸壁の北の角。
湾から出ていく潮に乗せて、潮の寄れをフカセ釣り狙うと、マダイやチヌが釣れる。その他、護岸一帯でもチヌやコブダイが釣れる。
秋にはサヨリやイワシの回遊があり、サグリ釣りでカサゴ、ちょい投げでカレイが狙える。
常夜灯もあり、メバル・ベイカなども釣れる。
新海浜橋は潮通しも良く、アジ・タチウオが回遊することもある。
沖向きは潮が速いので、小さい潮回りで狙うのが良い。

<アクセス>
児島駅から県道21号を南へ。児島ボートを越えて1㎞ほど進むと左手に
公園が見えてくる。広い駐車場有

田之浦

<1級ポイント>
東側の波止の曲がり角

瀬戸大橋の下にある景観の良いポイント。東側の波止の先端付近は波返しもなくフラットで釣りやすい。公園前の護岸一帯は潮が早く複雑に流れる。
おすすめはフカセ釣りでのチヌ・マダイ。潮の流れがころころ変わり複雑ですが、その潮を攻略すると乗っ込み期(4月~6月頃)には40㎝オーバーのチヌやマダイの数釣りが楽しめる。
常夜灯があり、夜釣りの投げ釣りで大型マダイの実績もあるが、海底は岩盤で起伏が激しく根掛かりは多い。エサはコウジやタイムシがおすすめ。潮止まり前後にアタリが出る事が多い。
夜釣りではアオリイカやメバルが良く釣れる。
常夜灯の明かりに小魚が集まり、それを狙ってアオリイカが寄る。エギは2.5~3号を使ってカラーをローテーションするのがコツ。
護岸一帯からもサグリ釣りでカサゴやメバル・アコウなどが釣れ、護岸際は潮の流れが緩やかなので釣りやすい。

<アクセス>
国道430号児島線の扇の嵶口の交差点から児島ICを通り過ぎ、トンネルを抜けてT字路を左へ、道なりに進み、瀬戸大橋を越えた次を右へ進むと駐車場があります。

県漁連波止

<1級ポイント>
L字の波止の先端付近

波止の沖向きは潮通しが良く、ターゲットが豊富でコーナー付近から沖へ潮が飛ぶように流れるが、東側は引かれ潮になるので釣りやすい。
。とくに秋のアオリイカ・冬から春にかけてメバルが好釣果。波止のコーナーと先端付近が好ポイント。どちらも常夜灯があるため、夜釣りでも釣りやすい。波返しは東側に行くほど高くなるので注意が必要。
メバルは3月~6月がピークで、サグリ釣りやルアーで狙う。15㎝から20㎝級の良型も多く、サグリ釣りでは胴突き仕掛けに1~3号のオモリで、シラサエビやオキアミを使用する。
波止の5~10m先にゆっくりと底に着底させてから、引きながらアタリを待つ。
コブダイの魚影も濃く、カブセ釣りで狙うと強烈な引きを楽しめる。
夏にはママカリの回遊も見られ、サビキ釣りで沖目を狙うとよく釣れる。
投げ釣りで、思わぬ大型のマダイの実績もある。
沖の一文字へは、渡船を利用すれば行くことができる。

<アクセス>
国道430号児島線の扇の嵶口の交差点から児島ICを通り過ぎ、トンネルを抜けてT字路を左へ、道なりに進み、瀬戸大橋を越えた次の3差路を右へ。
田之浦公園を過ぎ、下津井港方面へ道なりに進むと左手に見えてくる。

金波楼

<1級ポイント>
護岸一帯・フェンスの手前

護岸沖の一帯は潮通しが良く、大きい潮回りはかなり速く流れるが魚影は濃い。
投げ釣りではマダイやスズキなど、大物が釣れる。マダイは近年増加傾向にあり、40~70㎝の実績がある。海底は起伏が激しい岩盤帯で根掛かりも多い為、仕掛けを余分に準備する。丘からのタイラバで、マダイの実績もある。
秋はサヨリの回遊があるので、ウキ釣りやウキサビキで狙う。撒き餌のアミエビを定期的に撒いて回遊するサヨリの群れを足止めする。春の産卵期は30㎝オーバーの実績が高く、沖の潮目をウキサビキの遠投仕掛けで、ウキ下は1m以内で調整する。秋には潮が寄れる足元がポイント。アベレージサイズは20~25㎝前後。
冬から春の夜間はカサゴやメバルを狙うことができる。
ポイントは護岸一帯で、胴突き仕掛けやルアーで狙う。エサはシラサエビ・オキアミ・アオムシなどを使用する。良型は1月~3月に揃う。
沖の片原一文字は、渡船を利用すれば行くことができる。

<アクセス>
国道430号児島線の扇の嵶口の交差点から児島ICを通り過ぎ、トンネルを抜けてT字路を左へ、道なりに進み、瀬戸大橋を越えた次の3差路を右へ。下津井港を過ぎ、東下津井港の手前の大きくカーブしたところの左手。祇園神社に駐車場がある。

サノヤスドック

<1級ポイント>
波止コーナーから先端

サノヤスドックの西側にある波止。波止幅が広く波返しも低い為釣りやすい。
波止際には敷石が入っており、沖は砂泥底で根掛がかりは少ない。
梅雨頃から秋頃にはサビキ釣りでママカリやカタクチイワシが良く釣れる。朝夕のマヅメ時に活性が上がり短時間での数釣りが楽しめる。長波止の沖向きが良く、潮の動く大潮がおすすめ。
秋はサヨリの実績が高く、波止の先端からコーナー付近が好ポイント。
おすすめは初夏のコウイカ。5月頃から釣れ始め、波止先端からコーナー部の沖向きが好実績。朝夕のマヅメ時に活性が上がる。波止に入っている敷石の辺りでヒットするケースが多い。大潮回りは潮が速く底がとりづらいので、小潮回りや潮止まりがおすすめ。エギングやスッテをセットした胴突き仕掛けで狙う。
ダンゴ釣りのチヌも狙い目で夏から秋が良い。

<アクセス>
国号430号線。水島「広江1丁目」の交差点から児島方面へ。宇野津、塩生を経由し、高島口の三差路を西へ右折し、直進すると波止がある。
岸壁沿いに広い駐車スペースがある。

 

牛窓周辺

牛窓周辺は、サヨリ・キス・メバル・カサゴ・カワハギ・チヌ、特にフカセ・ダンゴ釣りでのチヌ釣りが高実績。岡山でも貴重なグレが狙える地域です。また好ポイントの前島へは牛窓港からフェーリーで5分で着き、フェリー代も240円と安価です。

牛窓海水浴場

<1級ポイント>
波止コーナー周辺・波止先端沖向き

波止の沖向きは潮通しが良く
チヌ・グレ・アオリイカ・カサゴ・サヨリ・メバルなど魚種が豊富。
特にチヌの実績があり、乗っ込み時や秋、厳寒期もほぼ年中狙えます。
5~10m沖でのヒット率が高く、重めの仕掛けで底付近を探ると釣果に恵まれる。
波止コーナー周辺と先端が潮通しが良く、グレ釣りも楽しめる。
秋には足元でサヨリの数釣りもGOOD!
砂浜からは投げ釣りでキス・カレイが良い。
キスは6月頃から秋頃まで。15㎝位の小型サイズがメイン。
根掛かりは少ないので釣り易い。

<アクセス>
「牛窓神社」の南側の海水浴場。
岡山市内からは国道2号線で東へ走り「君津IC」から岡山ブルーラインに分岐し
瀬戸内市方面へ約20分、「邑久IC」で下りて、39号線 → 28号線を経て「牛窓」エリアへ。
駐車場やトイレもありファミリーにもおすすめ。

 

牛窓港フェリー乗り場

<1級ポイント>
駐車場横の水門前

護岸の手前には敷石が入っており、沖は潮通しが非常に良い為ターゲットは豊富。
チヌ・グレ・サヨリ・メバル・カサゴ・ウマヅラハギ・イイダコなども釣れる。
フカセ、投げ、ルアーなどさまざまな釣りが楽しめる。
おすすめはフカセ釣りやダンゴ釣りで狙うチヌ。
駐車場横の水門前が好ポイント。
春から秋にかけて狙え、乗っ込み時には良型がそろう。
春は藻が多いので、藻の切れ目を狙う。

先端が立入禁止の黒波止手前のテトラ周辺はメバル・カサゴなど根魚の好ポイント。
投げ釣りではスズキ・カレイ。ルアーでマゴチやヒラメも狙える。
沖は潮通しが良いため、大きい潮回りは釣りづらい。

<アクセス>
岡山ブルーライン「邑久・牛窓」出口から14分。
28号線を東へ「ホテルマニーニ」を過ぎてすぐ右手がフェリー乗り場。駐車場あり。

 

前島フェリー乗り場

<1級ポイント>
西側の長波止コーナー

牛窓港からフェリーで、所要時間約5分で前島に着く。
長波止へは歩いてすぐ。
長波止でのおすすめは秋のサヨリやカワハギ釣り。
サヨリは一帯で狙え、20㎝~25㎝の大型が足元で数釣りできる。
11月頃には沖目で30㎝オーバーが揃うこともある。
カワハギは9月から11月頃まで。サイズは15㎝~20㎝前後。
冬になるとウマヅラハギの20㎝前後の数釣りが堪能できる。
カワハギは底付近でのアタリが多いため、重りを着底させて
当たりが出れば即合わせを入れて対応する。エサは沖アミやアサリで釣れる。
波止先端からは投げ釣りでカレイ・イシモチ・スズキなどの良型が期待できる。
底は砂地になっており、根掛かりは少ない。
フカセでのチヌは乗っ込み時には40㎝オーバーの実績もある。

<アクセス>
牛窓港から前島行のフェリーにて5分程で到着。
フェリーは1時間に1~3回。終便は22時。
乗り場の近くにはトイレや自動販売機がある。

 

牛窓漁港前

<1級ポイント>
埠頭先端の東

沖の一文字へと突き出ている埠頭。足場が良く車を横づけでスグ竿が出せる。
8月頃から年内まで夜釣りのベイカや、秋にはサヨリ・ハゼ・イイダコなどの小物釣りができる。
ベイカはシラサエビでウキ釣りやサグリ釣り、ウキ下を~1m前後の浅めで狙う。
エギングは2号までの小型のエギングを使い、表層から中層付近を探る。
11月頃からは、ちょい投げでカレイが釣れる。5~10号のオモリでエサは本虫。
満潮前後の潮が動く時間帯が良い。生き餌のぶっこみ釣りでまれにヒラメが釣れることもある。
底は泥砂なので根掛かりは少ない。

<アクセス>
岡山ブルーライン「邑久・牛窓」から28号線を東へ。
ファミリーマートが目印。
近くにはレストランもある。

 

牛窓診療所前

<1級ポイント>
護岸の東側のテトラの切れ目

サヨリ・チヌ・メバル・カサゴが狙える。夜釣りではベイカやセイゴ。
根がかりも少なく潮流も比較的緩い。
テトラは平らなので比較的足場は良いが、常夜灯がないので夜釣りは注意。
サグリ釣りやルアーでのメバルやカサゴがおすすめ。
広範囲をラン&ガンしながら探り歩く。
ジグヘッドリグをセットし、底まで沈めた後底を叩く様に動かして誘う。
ジグヘッドは2~3g・ワームは2~3インチ程を使用する。

投げ釣りではカレイ・ハネ・ハゼが釣れる。
夏から秋にかけてはハゼの数釣りが楽しめる。

<アクセス>
岡山ブルーライン「邑久・牛窓」から28号線を東へ。
綾部の三差路を右折し、海沿いに進むと右手に牛窓診療所が見える。

 

東宝伝漁港

<1級ポイント>
長波止の沖向き一帯

3本の波止があり、いずれも釣り座になる。
波返しは低く幅もあるので釣りやすい。
ダンゴ釣りのチヌが人気。サヨリ・ママカリ・メバル、投げ釣りのキス・ベラの実績もある。
夏から秋にはダンゴ釣りがおすすめ。長波止の沖向きがポイント。
30㎝前後がメインで数釣りが楽しめる。少し遠投した方が釣果に恵まれる。
乗っ込み時にはフカセで40㎝オーバーの実績あり。
9月頃~11月まではサヨリ・ママカリの回遊もある。
長波止の足元で群れることが多いのでファミリー釣りでも好釣果が期待できる。
サヨリはシーズン最盛期には30㎝クラスが釣れる事もある。

<アクセス>
県道232号線沿いを走る。西宝伝漁港のすぐ東隣。
「宝伝港」と前述の「牛窓港」の間に位置する漁港。
有料の駐車場(1日300円)

 

西宝伝漁港

<1級ポイント>
東側の長波止のテトラの切れ目から先端

長波止では、チヌ・グレ・サヨリ・カワハギ。砂浜からはキス・カレイが釣れる。
西側の波止では、夜釣りでの実績が高くメバル・セイゴ・コウイカ・タチウオが狙える。
フカセでのチヌやグレがおすすめ。波止下はスリットになっており潮通しが良い。
長波止の沖向きで満潮からの引き潮狙い。波止の下から沖へ潮が流れる時が時合。
浅い棚で小グレ型がヒットする場合は、ウキ下を中層狙いにして良型を釣る。
砂浜からの投げ釣りでは、20~30m沖でもキスが良く釣れる。20㎝クラスも混じることもあり。
エサはアオムシやスナムシを短く切って、引き釣りで狙う。
秋にはサヨリも30㎝クラスの良型混じりで、数釣りが楽しめる。

<アクセス>
県道28号を牛窓町方面へ、神崎町の交差点を左折。2キロ先の三差路を右折。
県道234号を南へ、突き当りのT字路を左折。道なりに進む。
有料駐車場(1日500円)あり

与島周辺

与島は瀬戸大橋の真ん中に位置する。香川県坂出市の大きな島。瀬戸内海のど真ん中にあるので、潮通しも良く魚種も豊富、360度どこからでも釣りができる人気のスポットです。車の他にバスでも行けるが、便が少ないため注意が必要。車の場合与島の第二駐車場から結構な距離を歩くので、キャリーカートが必需品です。

塩浜新港周辺

<1級ポイント>
波止コーナー部

与島の北側に位置する波止。広く平らなので足場も良い。潮通しが良く水深も70m沖で15~20mある為、大型のマダイのポイントでもある。
羽佐島との水道はマダイの魚影が濃く、投げ釣りがおすすめ。
波止コーナーの沖はシモリがあり根掛かりはあるが、マダイの好ポイント。
60~80m沖の水道まで投げてかけ上がりを狙う。
護岸の西の端からは、フカセ釣りでもマダイが狙え朝マヅメの食いが良い。
また波止一帯で、メバルやサヨリなどの回遊も見られ小物の数釣りが楽しめる。
塩浜港西側の石切もフカセ釣りの好ポイントで、マダイやチヌが狙える。
下げの弱りから干潮を挟み次の下げの本流時間帯までが勝負。潮が大きいと下げの本流が早過ぎて釣りにならないので釣る時間が短く、小潮なら釣る時間が長く釣れる。
波止東側の長崎鼻からは、小与島との水道が狙え。満ち潮は北へ、引き潮は南へ流れる事が多い。投げ釣りのマダイ・スズキがおすすめで、マダイは引き潮の転流後、スズキは両潮で狙える。沖は砂地で、根掛かりは少ない。50m沖がかけ上がりで、水深は15m前後。小与島方向の潮目を狙えば大物の確率は高い。

<アクセス>
車の場合は、瀬戸中央自動車道で与島PAで降り、第二駐車場に駐車。
バスで与島へ行く場合は下電バスで児島駅より瀬戸大橋線に乗り「瀬戸大橋FW前」で下車。そこからは歩いて最北端です。

鍋島周辺

↓波止の位置は航空写真でのみ表示されますので、マップ左上のウインドウ表示ボタンをクリックし、左下の航空写真をクリックして下さい。

<1級ポイント>
与島港北波止

与島南東に位置する鍋島は大型のチヌや大型のアオリイカの1級ポイント。
北西風に強く、島の周囲は岩場なのでスパイクシューズは必須。
アオリイカは波止を含め島全体がポイント。満ち潮は小与島から、引き潮は瀬戸尾橋の橋脚付近から流れる。島の周囲から落ち込んでいる岩礁と、沖のかけ上がりの間付近でアタリが多い。しっかりと底をとってフォールさせて狙う。
鍋島から延びる石積みの波止からは投げ釣りでカレイが狙える。
満ち潮は南西方向に流れ、引き潮は逆方向に流れる。
南東70mに石塔があり、水深は5~10m。この周辺はチヌやアイナメの良型が多く釣れる。沖の石塔との間の緩やかなかけ上がりはカレイの好ポイント。
小潮回りで鍋島方向へ投げると大型のチヌやマダイも有望。波止先端は満潮の潮止まりや小潮の下げでメバルも良い。
与島港の北波止ではフカセでグレが釣れる。水深は満潮時で10m沖が5m前後で沖はなだらかに深くなる。沖にはシモリがありグレ・チヌの魚影が濃い。満ち潮、引き潮両潮狙え、チヌなら波止の先端で良型が狙える。
グレは秋頃によく釣れ、サイズは25~30㎝前後。満ち潮の食いが良く、20~30m沖に遠投した方が数・型も望める。大きな潮回りなら当て潮になり、活性も高くなる。ウキ下を2m程に浅くとり全誘導でジワジワ沈めるのが良い。
秋頃にはサヨリも多く、40cmクラスの良型が釣れる事もある。

<アクセス>
車の場合は、瀬戸中央自動車道で与島PAで降り、第二駐車場に駐車。
バスで与島へ行く場合は下電バスで児島駅より瀬戸大橋線に乗り「瀬戸大橋FW前」で下車。そこからは歩いて島を右回りに東の石切を経由して南へ向かいます。

与島 北西部

<1級ポイント>
北の石切 瀬戸大橋下

1級ポイントは瀬戸大橋の真下の石切。人気のマダイポイントで、場所を取るのが難しい。空いていれば即、抑えたい釣り場。水深は満潮時で5m沖が5~6m。その沖は急激に落ち込みかけ上がりとなっている。沖の本流は満ち潮が東から西へ、引き潮は西から東へ流れる。潮流が速いので、小潮回りに釣れる時間が長くとれるが、大きい潮回りの方が大型が期待できる。
マダイは引き潮を狙い、10m沖をウキ下7m前後で流す。「引かれ潮」が本流へ当たる間際が狙い目。足元からでもチヌが食ってくる。近場でアタリがない時は本流のヨレや、30m沖をウキ下10~12mで流す。
瀬戸大橋下から南下した北西の石切では、投げ釣りが有効で水深は30m沖で10m、60m沖で水深20m以上落ち込む急なかけ上がりがある。投入点は50~100m沖。潮流が速い時は根掛かりも多くなるので、若潮から中潮の満ち上りがおすすめ。フカセ釣りでも小潮回りなら満ち引き両潮でマダイが狙える。
また、夜釣りではウキ釣りでスズキが狙え、エサはアオムシで、与島大岩の西側から流れる本流に当たる潮を狙う。ウキ下は3m前後、マダイやチヌがヒットする時もある。

<アクセス>
車の場合は、瀬戸中央自動車道で与島PAで降り、第二駐車場に駐車。
バスで与島へ行く場合は下電バスで児島駅より瀬戸大橋線に乗り「瀬戸大橋FW前」で下車。そこからは徒歩。第二駐車場のトイレ横の小橋を渡り北へ出て島を左回りに回る。

与島 南西部

<1級ポイント>
西の石切

西の石切場、南の岩場ともに潮流が速く複雑で上級者向けとなる。
西の石切からは投げ釣りでマダイが狙える。水深は20m沖から落ち込み、50m沖で20m前後。かけ上がりがきつく、大潮回りはかけ上がりに道糸が擦れて切れる事もある。満ち引き両潮狙え、投入点は50~80m沖。チヌは20~30mの近場でも釣れ。マダイ・チヌ共に大型の実績がある。春と秋にはカレイやアイナメの良型の実績もある。フカセでのチヌ・マダイも有望。
南側の橋脚から西側一帯ではアオリイカも実績が高く、ルアーでスズキも釣れる。周囲は砂地にシモリが点在しており水深は浅め。
アオリイカは、10月頃になれば20㎝クラスの大型が期待できる。根掛かりに注意しながら、シモリ際をピンポイントで狙う。大ダコがヒットする事もある。スズキは大潮の満ち上りがおすすめ。橋脚南側から流れてくる本流が砂浜の西磯にぶつかり潮が分かれる。潮の変化のある場所を探しながら釣り歩く。

<アクセス>
車の場合は、瀬戸中央自動車道で与島PAで降り、第二駐車場に駐車。
バスで与島へ行く場合は下電バスで児島駅より瀬戸大橋線に乗り「瀬戸大橋FW前」で下車。そこからは徒歩。第二駐車場のトイレ横の小橋を渡り北へ出て島を左回りに回る。

まとめ

岡山県の海は基本的にどこも潮流が速い場所が多く難しいと言われていますが、潮を攻略する楽しみがあり、釣れた時の嬉しさもひとしおです。
豊かな潮流はプランクトン等のエサも豊富に育み、速い流れで釣れる魚は筋肉が発達し、釣り味も強力で美味しいと言われています。
是非、自分で釣った魚を自分で料理して最高の贅沢を味わって下さい。