「りんご台風(1991年19号)」とは?台風17号(2019年)の進路と類似

今回、おとずれた台風17号(ターファー)が、91年に青森県に741億円の被害をもたらした「りんご台風」の進路に酷似しているとの情報があります。

尚、りんご台風の国際名Mireille(ミレーレ)はこの台風限りで使用中止となり、Melissa(メリッサ)という国際名に変更されました。



「りんご台風(1991年19号)」とは?

今回の台風17号の進路は、1991年(平成3年)の台風19号、いわゆる「りんご台風」の進路に類似しています。

りんご台風は1991年9月27日に長崎県佐世保市付近に上陸。その時の中心気圧は940hPaと非常に強い勢力でした。日本海に抜けた後はジェット気流に乗る形で猛スピードで北上し、わずか半日あまりで日本海を駆け抜け、28日には北海道渡島半島に再上陸しました。

全国各地に暴風被害をもたらし、特に青森県では収穫間近だったりんごが軒並み落下、量にして388,000t、金額に換算すると741億円におよぶ甚大な被害に見舞われました。

windyより世界の風の動き

▼windyより風の動きを御覧下さい。
9月19日(木)15時、台風17号発生。
<



8月・9月は台風の発生が最も多い時期

8月から9月にかけては台風の発生数が一年のうちで特に多い時期で、発生、接近、上陸の数はいずれも8月が最も多く、次いで多いのが9月となっています。
8月・9月は台風の発生が最も多い時期
出典:ウェザーニュースより

ひまわり8号リアルタイムWebより日本上空の雲の動き

宇宙から見た日本周辺の雲の動きをご覧下さい。

▲ 目次に戻る

本日もお読み下さり、ありがとうございました。