梅宮辰夫「仁義なき戦い」の映画をフル視聴するならU-NEXT『辰兄特集』

U-NEXTより、梅宮辰夫さんの特集が組まれました。

出典:U-NEXT

これが昭和の男前!梅宮辰夫が大暴れ!

20代は東映期待の新スター、30代はサポート役者。スクリーンで輝いた若き日の活躍を観よ!

『男なら黙ってU-NEXT。』

 



『仁義なき戦い 代理戦争』

『仁義なき戦い 代理戦争』

『仁義なき戦い 代理戦争』
復讐が復讐を呼ぶ!広島ヤクザの生き様を描いた人気シリーズの第3弾!

見どころ
「仁義なき戦い」シリーズの第3弾で、実質的には菅原文太主演の第1弾から直接つながる続編となっている。深作欣二監督が、欲望と裏切り、そして凄惨な復讐を描く。

ストーリー
昭和35年。広島最大のヤクザ組織・村岡組のナンバー1である杉原が殺される。これを機に、村岡組の跡目を巡って熾烈な抗争が勃発。それは、西日本最大の組織である神戸・明石組を巻き込んだ一大抗争へと発展していく…。

「昭和侠客伝」

「昭和侠客伝」
高倉健の看板シリーズ第1作目は、辰兄が盟友・松方弘樹と初共演した思い出の作品。血気盛んな若い2人には口元が緩みます。
義理人情に命を懸けるヤクザ一家が、愚連隊どもを相手に壮絶な戦いを繰り広げる!

【見どころ】

石井輝男監督、鶴田浩二や嵐寛寿郎らが共演した任侠ドラマ。アクションシーンはもちろん、大切なもののために命を張る男気、厚い義理人情といった描写も見どころ。

【ストーリー】

昭和5年。関東一円に勇名を馳せるヤクザ、桜一家の三代目・千之助が暴漢に刺された。犯人は愚連隊上がりの黒帯一家の者で、親分の土井と子分たちの悪行は目に余るものになっていた。桜一家の重宗はついに堪忍袋の緒が切れ、単身で黒帯一家に乗り込んでいく。

 

視聴はこちら▶「昭和侠客伝」

 

 

『血染の代紋』

『血染の代紋』

暴力組織が進めるスラム街破壊に抵抗する元ボクサーの流れ者。実質的な主役は菅原文太だが、辰兄の男気溢れる言動には惚れ惚れ。


見どころ

『仁義なき戦い』シリーズの深作欣二監督が、梅宮辰夫と菅原文太の共演で昭和40年代の過激な暴力団の抗争を描く。深作の“イズム”が物語に散りばめられた意欲作。


ストーリー

横浜・浜安組の新組長を襲名し、倉庫業への転身を計画する郡司。だがスラムに暮らす住人の立ち退きを求める際、幼馴染みで元ボクサーの速水と対立。速水は息子同然のジョージのけがを治す金欲しさに、倉庫の利権を狙う大門組から買収されていた。

 

視聴はこちら▶『血染の代紋』

 

 

デビュー直後、20代前半の辰兄に与えられたのは大スター・鶴田浩二の助手役。いかにも“新米”といった感じの芝居がキュート。

 

梅宮辰夫さん特集その他の作品紹介

北海の暴れ竜
深作欣二監督作で、辰兄が単独主演を務めた唯一の作品。任侠映画風の我慢に我慢を重ねる展開も、彼が演じるとなぜか軽快。

決着
タイトルは“決着”と書いて“おとしまえ”と読む。60年代後半、ブイブイ言わせてた頃の辰兄が挑んだ任侠映画。続編も必見。

極道社長
金が命のモーレツ野郎を演じた辰兄。これが東映での最後の主演作。持ち前の明るさで、どんなに酷いことしても許せてしまう!

霧と影
デビュー3年目、23歳の辰兄が本作で演じるのは新米記者。中年以降の彼しか知らない人なら、驚くこと確実のハンサムボーイ。

日本暴力列島 京阪神殺しの軍団
在日コリアンやくざという日本映画のタブーに、再び眉毛を剃り落して挑む辰兄。彼の役者魂が爆発する散りざまは必見!

実録・私設銀座警察
衝撃的な実録やくざ映画での辰兄は、明るいゲス。耳を疑う下ネタだらけの会話、ラストの酒池肉林での大暴走に驚愕せよ。

県警対組織暴力
辰兄が演じるのは、暴力団壊滅のために県警からやってきたエリート警視。観客の怒りを一身に集める憎まれ役を知的に好演。

見逃し配信バナー

「仁義なき戦い」を視聴