釣り

岡山県海釣り情報!与島周辺の最新穴場ポイント



与島周辺

与島は瀬戸大橋の真ん中に位置する。香川県坂出市の大きな島。瀬戸内海のど真ん中にあるので、潮通しも良く魚種も豊富、360度どこからでも釣りができる人気のスポットです。車の他にバスでも行けるが、便が少ないため注意が必要。車の場合与島の第二駐車場から結構な距離を歩くので、キャリーカートが必需品です。

塩浜新港周辺

<1級ポイント>
波止コーナー部

与島の北側に位置する波止。広く平らなので足場も良い。潮通しが良く水深も70m沖で15~20mある為、大型のマダイのポイントでもある。

羽佐島との水道はマダイの魚影が濃く、投げ釣りがおすすめ。
波止コーナーの沖はシモリがあり根掛かりはあるが、マダイの好ポイント。
60~80m沖の水道まで投げてかけ上がりを狙う。
護岸の西の端からは、フカセ釣りでもマダイが狙え朝マヅメの食いが良い。
また波止一帯で、メバルやサヨリなどの回遊も見られ小物の数釣りが楽しめる。
塩浜港西側の石切もフカセ釣りの好ポイントで、マダイやチヌが狙える。
下げの弱りから干潮を挟み次の下げの本流時間帯までが勝負。潮が大きいと下げの本流が早過ぎて釣りにならないので釣る時間が短く、小潮なら釣る時間が長く釣れる。

波止東側の長崎鼻からは、小与島との水道が狙え。満ち潮は北へ、引き潮は南へ流れる事が多い。投げ釣りのマダイ・スズキがおすすめで、マダイは引き潮の転流後、スズキは両潮で狙える。沖は砂地で、根掛かりは少ない。50m沖がかけ上がりで、水深は15m前後。小与島方向の潮目を狙えば大物の確率は高い。

<アクセス>
車の場合は、瀬戸中央自動車道で与島PAで降り、第二駐車場に駐車。
バスで与島へ行く場合は下電バスで児島駅より瀬戸大橋線に乗り「瀬戸大橋FW前」で下車。そこからは歩いて最北端です。

鍋島周辺

↓波止の位置は航空写真でのみ表示されますので、マップ左上のウインドウ表示ボタンをクリックし、左下の航空写真をクリックして下さい。

<1級ポイント>
与島港北波止

与島南東に位置する鍋島は大型のチヌや大型のアオリイカの1級ポイント。
北西風に強く、島の周囲は岩場なのでスパイクシューズは必須。
アオリイカは波止を含め島全体がポイント。満ち潮は小与島から、引き潮は瀬戸尾橋の橋脚付近から流れる。島の周囲から落ち込んでいる岩礁と、沖のかけ上がりの間付近でアタリが多い。しっかりと底をとってフォールさせて狙う。
鍋島から延びる石積みの波止からは投げ釣りでカレイが狙える。
満ち潮は南西方向に流れ、引き潮は逆方向に流れる。
南東70mに石塔があり、水深は5~10m。この周辺はチヌやアイナメの良型が多く釣れる。沖の石塔との間の緩やかなかけ上がりはカレイの好ポイント。
小潮回りで鍋島方向へ投げると大型のチヌやマダイも有望。波止先端は満潮の潮止まりや小潮の下げでメバルも良い。
与島港の北波止ではフカセでグレが釣れる。水深は満潮時で10m沖が5m前後で沖はなだらかに深くなる。沖にはシモリがありグレ・チヌの魚影が濃い。満ち潮、引き潮両潮狙え、チヌなら波止の先端で良型が狙える。
グレは秋頃によく釣れ、サイズは25~30㎝前後。満ち潮の食いが良く、20~30m沖に遠投した方が数・型も望める。大きな潮回りなら当て潮になり、活性も高くなる。ウキ下を2m程に浅くとり全誘導でジワジワ沈めるのが良い。
秋頃にはサヨリも多く、40cmクラスの良型が釣れる事もある。

<アクセス>
車の場合は、瀬戸中央自動車道で与島PAで降り、第二駐車場に駐車。
バスで与島へ行く場合は下電バスで児島駅より瀬戸大橋線に乗り「瀬戸大橋FW前」で下車。そこからは歩いて島を右回りに東の石切を経由して南へ向かいます。

与島 北西部

<1級ポイント>
北の石切 瀬戸大橋下

1級ポイントは瀬戸大橋の真下の石切。人気のマダイポイントで、場所を取るのが難しい。空いていれば即、抑えたい釣り場。水深は満潮時で5m沖が5~6m。その沖は急激に落ち込みかけ上がりとなっている。沖の本流は満ち潮が東から西へ、引き潮は西から東へ流れる。潮流が速いので、小潮回りに釣れる時間が長くとれるが、大きい潮回りの方が大型が期待できる。
マダイは引き潮を狙い、10m沖をウキ下7m前後で流す。「引かれ潮」が本流へ当たる間際が狙い目。足元からでもチヌが食ってくる。近場でアタリがない時は本流のヨレや、30m沖をウキ下10~12mで流す。
瀬戸大橋下から南下した北西の石切では、投げ釣りが有効で水深は30m沖で10m、60m沖で水深20m以上落ち込む急なかけ上がりがある。投入点は50~100m沖。潮流が速い時は根掛かりも多くなるので、若潮から中潮の満ち上りがおすすめ。フカセ釣りでも小潮回りなら満ち引き両潮でマダイが狙える。
また、夜釣りではウキ釣りでスズキが狙え、エサはアオムシで、与島大岩の西側から流れる本流に当たる潮を狙う。ウキ下は3m前後、マダイやチヌがヒットする時もある。

<アクセス>
車の場合は、瀬戸中央自動車道で与島PAで降り、第二駐車場に駐車。
バスで与島へ行く場合は下電バスで児島駅より瀬戸大橋線に乗り「瀬戸大橋FW前」で下車。そこからは徒歩。第二駐車場のトイレ横の小橋を渡り北へ出て島を左回りに回る。

与島 南西部

<1級ポイント>
西の石切

西の石切場、南の岩場ともに潮流が速く複雑で上級者向けとなる。
西の石切からは投げ釣りでマダイが狙える。水深は20m沖から落ち込み、50m沖で20m前後。かけ上がりがきつく、大潮回りはかけ上がりに道糸が擦れて切れる事もある。満ち引き両潮狙え、投入点は50~80m沖。チヌは20~30mの近場でも釣れ。マダイ・チヌ共に大型の実績がある。春と秋にはカレイやアイナメの良型の実績もある。フカセでのチヌ・マダイも有望。
南側の橋脚から西側一帯ではアオリイカも実績が高く、ルアーでスズキも釣れる。周囲は砂地にシモリが点在しており水深は浅め。
アオリイカは、10月頃になれば20㎝クラスの大型が期待できる。根掛かりに注意しながら、シモリ際をピンポイントで狙う。大ダコがヒットする事もある。スズキは大潮の満ち上りがおすすめ。橋脚南側から流れてくる本流が砂浜の西磯にぶつかり潮が分かれる。潮の変化のある場所を探しながら釣り歩く。

<アクセス>
車の場合は、瀬戸中央自動車道で与島PAで降り、第二駐車場に駐車。
バスで与島へ行く場合は下電バスで児島駅より瀬戸大橋線に乗り「瀬戸大橋FW前」で下車。そこからは徒歩。第二駐車場のトイレ横の小橋を渡り北へ出て島を左回りに回る。

[keni-linkcard url="https://sa9da.com/unokou-point-197/" target="_blank"] [keni-linkcard url="https://sa9da.com/livecamera-296/" target="_blank"] [keni-linkcard url="https://sa9da.com/okayama-tosenn-478/" target="_blank"]

-釣り
-