17Live(イチナナ)や流行りのライブ配信アプリを徹底比較!特徴や違いを解説!【2020年最新】

こんにちは!
今回は、国内シェアNo.1の17Live(イチナナ)の人気の秘訣はどこにあるのか、他のライブ配信アプリと比較しながら、検証していきます!



1.17Live(イチナナ)は国内シェアNo.1のライブ配信アプリ!


17Live(イチナナ)は、株式会社17 Media Japanが運営するライブ配信アプリです!
元々17Live(イチナナ)は台湾初のアプリで、父が日本で技術者の仕事をしていたというJeffrey Haungが創業者になっています。

17という数字は、「イーチィ」という台湾語から来ていて、日本語では「仲間」と「義」を表す言葉です。
この言葉が、この17Live(イチナナ)の大きな特徴である視聴者が一致団結してライバーを応援するオーディションやイベント、またここから輩出される新たなスターを表しているように感じます。
17Liveは全世界で4200万人以上のユーザーを誇っており、日本国内のシェアもNo.1になっています。引用:17Live

このアプリの大きな特徴は、

  1. 豊富なイベントやオーディション
  2. バラエティ豊かなライバー
  3. 応援のモチベーションを上げるライバーアーミー機能
  4. 初心者ライバーにもうれしい配信サポート、17 GOGO機能

が挙げられます。
次の項目では、これらの特徴について、他のアプリの類似している点から比較していきます!

 



 

2.人気ライブ配信アプリと17Liveを徹底比較!

2-1.Pocochaと17Liveを比較!

Pocochaは、株式会社DeNAが運営するライブ配信アプリです。Pocochaは配信者のサポートが充実していて、配信実績に応じたランク制度や換金することができる「ダイヤ」といった制度があります。
では、17Live(イチナナ)と比較していきましょう!

イベントやオーディション

Pocochaは月に20以上イベントを行っています。種類はPOCO LAND・アプリ内バナー権・広告モデル・プレゼントイベント等
POCO LANDはPocochaの顔を決める、アプリ内最大イベントです。配信者にとっては羽ばたける大きなチャンスとなっています。
17Liveは月に30以上イベントを行っています。種類はアイドルオーディション・楽曲提供・広告モデル・プレゼントイベント等。イベント数が多く、幅広い層に対応しています。

ユーザー数・ジャンル

ユーザー数は17Liveの方が多めですが、Pocochaも年々増加中。ジャンルはPocochaは音楽系やモデル、17Liveは音楽系に加え、ゲーム配信やVTuberも多いです。

応援機能

Pocochaには応援した回数やポイントに応じて応援ランクが付きます。応援ランクが高いほど配信者が換金するためのダイヤを効率よく集められるようになっています。
17Liveでは「ライバーアーミー」という、課金に応じてコインや様々な得点がもらえる機能がついています。
利用した人はコメントがライバーにわかりやすく表示されるなど、人気ライバーにもより気づいてもらいやすくなります。

配信者サポート機能

Pocochaでは「ライブレコード」表示機能があり、目標の達成に応じて三段階の評価が出ます。配信している中で、どうすれば評価されるかというポイントがわかりやすくなっています。
17Liveでは、一週間で獲得したポイント数に応じてベイビーがもらえる「17 GOGO」機能があります。参加できるのはビギナーライバーのみなので、気負いすることなく配信することができます。

 



 

2-2.SHOWROOMと17Liveを比較!


SHOWROOMは、株式会社SHOWROOMが運営するライブ配信アプリです。『メモの魔力』で話題になった前田裕二が運営会社の代表を務めています。
AKBグループや吉本興業のメンバーによる配信や、『猫舌SHOWROOM』などの配信コンテンツなど大手事務所やアイドルグループとのコラボが多いです。

では、17Live(イチナナ)と比較していきましょう!

イベントやオーディション

SHOWROOMは月に100程度イベントを行っています。モデルオーディションやミスコン、アイドルオーディションに歌手オーディション、番組出演オーディション等バラエティ豊か。17Liveと比べてもイベントの数・種類共に豊富だといえます。

ユーザー数・ジャンル

ユーザー数では17Liveに軍配が上がります。SHOWROOMでは音楽系やアイドル・モデルに加えお笑い芸人や声優など幅広いジャンルに強いです。

応援機能

SHOWROOMは無料で応援できます。無料ギフトは99×5が上限で、一つの配信を30秒見るごとに10×5もらうことができます。放送中もらえるのは一度だけ。
応援上位の人は画面上部にアバターが表示され、配信者に認知されやすくなります。17Liveと比べて無料ギフトを多くもらえやすいです。

配信者サポート機能

配信を始めたばかりアマチュア枠の配信者は、枠の一番上部に表示されるようになっており、多くの人に見られやすくなっています
また、継続的に配信している場合「まいにち配信」として上部に優先して表示されるようになっています。
他にも、配信者ランク制度で近いランクの人と同じイベントに出やすくなっています。さらにカラオケ配信機能も付いています。
17Liveと比べると、報酬がもらえるというより、配信やイベント参加のハードルを下げることを重視していると言えます。

 



 

2-3.MixChannel(ミクチャ)と17Liveを比較!


MixChannel(ミクチャ)は、株式会社Donutsが運営するライブ配信アプリです。
また、ライブ配信だけではなく動画投稿機能も大きな特徴で、イベントではライブ配信と共に動画が評価対象になっているものも多いです。

では、17Live(イチナナ)と比較していきましょう!

イベントやオーディション

MixChannelは月に40程度のイベントが開催されています。ミスコンやモデルオーディションが多めになっています。また、イベントによっては投稿した動画が対象になるものもあります。17Liveよりイベント数は多めです。

ユーザー数・ジャンル

MixChannelは1000万のユーザー数を誇りますが、4200万いる17Liveには劣ります。MixChannelで多いジャンルは、イベントに関連してモデルやアイドルが多めになっています。

応援機能

MixChannelでは、基本的に課金して応援します。課金アイテムの数が豊富で、さらにアイテムを投げた際にエフェクトが出てくるようになっています。応援されればされるほど画面もにぎやかになります。
また、ファンクラブ機能があり月額制で配信者をさらに応援することができます。17Liveでも課金アイテムは種類が豊富。
さらに最初に課金して継続的に特典を使えるライバーアーミー機能があります。応援機能においては似た部分が多いです。

配信者サポート機能

MixChannelにはカラオケ機能がついていて、歌い手の人も著作権を気にせず歌うことができます
またユーザーレベル制度があり、上がるほど様々な機能を使うことができます。
さらに配信終了後、配信に来た人数や配信時間、ポイントが一目でわかる画面が表示され、SNSで共有することもできるので、モチベーションアップになります。
また、美肌フィルター機能も付いています。
17Liveに付いている機能も付いており、さらにモチベーションを上げる独自の機能も付いている。

 



 

2-4.LINE LIVEと17Liveを比較!


LINE LIVEは、LINE株式会社が運営するライブ配信アプリです。著名人やアイドルグループ、さらに大手エンタメ企業による公式番組も配信されています。
また、配信する際のフィルターも多く用意されていて、様々な工夫をしながら楽しく配信することができます。

では、17Live(イチナナ)と比較していきましょう!

イベントやオーディション

LINE LIVEは月に80程度のイベントが行われています。モデルオーディションや番組出演オーディション、プレゼントイベントや楽曲提供等幅広いジャンルのイベントが行われています。17Liveと比べるとイベントは豊富だといえます。

ユーザー数・ジャンル

ユーザー数では17Liveに軍配が上がります。LINEが運営しているため、有名人や人気企業・人気番組とのコラボも多いです。有名人の配信が特に多く、アマチュアの人が多く配信する17Liveと対照的です。

応援機能

LINE LIVEでは、課金してLINEコインを購入し、アイテムを使って応援します。アイテムを投げた際にエフェクトが表示されるようになっています。
応援機能に関しては、17Liveの方がアイテムの種類やライバーアーミー機能があるため充実しています。

配信者サポート機能

LINE LIVEにはカメラフィルター機能が充実しています。様々なエフェクトを使いながら配信をすることができます。ただ、17Liveもカメラフィルター機能が付いています。

 



 

2-5.Mirrativと17Liveを比較!


Mirrativは、株式会社ミラティブが運営するライブ配信アプリです。「スマホゲーム配信者数No.1のライブ配信サービス」で、スマホゲームと連携してライブ配信を行うことができ、ゲーム配信を行いたい人にはもってこいです。

では、17Live(イチナナ)と比較していきましょう!

イベントやオーディション

Mirrativのイベントは、他のライブ配信アプリとは異なったもので、ゲーム内で使えるギフトがもらえるといったモノになっています。
17Liveでもゲーム配信は多いですが、ゲーム内で使えるギフトがもらえるイベントは行っていません。

ユーザー数・ジャンル

ユーザー数では17Liveの方が多いですが、「スマホゲーム配信者」と限定した場合は最も使われているライブ配信アプリです。
スマホゲームと直接連携して配信しているところが、17Liveも含めたゲーム配信でも叶わない部分になります。

応援機能

ミラティブコインを集めて、イベント専用ギフトを手に入れ、それを使って応援します。17Liveと比べて種類が少ないこともあって応援方法がわかりやすくなっています

配信者サポート機能

継続して配信している人には「まいにち配信者」と表示されるようになっています。
また、スマホゲームからワンタッチで配信連携できるようになっています。スマホゲームとの連携は、17Liveには見られない機能です。

 



 

3.国内シェアNo.1の17Liveの強みをおさらい!


17Liveの強みとして大きかったのは、

  • 応援したくなる工夫が充実している
  • ライバーを支える豊富な配信機能

の2つが、他のアプリと比べて突出しています。

一人の配信者を応援する際に一致団結して応援できたり、フィルターを使って工夫した配信ができたり、使ってて楽しいライブ配信アプリであることが人気の秘訣だと言えますね!

どんなライブ配信アプリを使おうか悩んでる方、ぜひ記事を参考にしていただけると幸いです!